HPEソフトウェア事業とマイクロフォーカスが合併、世界7位の専業ソフトウェア企業に

Tas Bindi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年09月05日 10時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンタープライズソフトウェアベンダーのMicro Focusは、Hewlett Packard Enterprise(HPE)から分離したソフトウェア事業との合併が完了したことを発表した。

 HPEの最高経営責任者(CEO)を務めるMeg Whitman氏は発表の中で、「この取引の完了により、HPEは今日の市場で競争し勝利することを目標とする、より強力で、より焦点の明確な企業になるという点で、重要なマイルストーンを達成した」と述べた。

 「この取引はHPEと当社の株主に約88億ドルをもたらす」(Whitman氏)

 英国に拠点を置くMicro Focusによると、今回の合併により、同社は時価総額ベースで世界7位の「専業」ソフトウェアベンダーになったという。両社の年間売上高を合計すると44億ドルになる。

 HPEの元最高執行責任者(COO)で、HPE Softwareのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのChris Hsu氏が、Micro FocusのCEOに任命された。

 Hsu氏は声明で、「われわれは、強力な技術と人材の組み合わせを手に入れて、顧客中心の技術革新をエンタープライズスケールで促進できる固有の立場に立つことになる。それにより、組織が既存ソフトウェア投資のROIを最大化する一方で、エンタープライズITの新しいハイブリッドモデルを採用できるように支援することが可能になる」と述べた。

 HPEが組織として、新たに統合された事業を所有するわけではないが、同社の株主は完全希薄化ベースでMicro Focusの50.1%を所有することになる。ロンドン証券取引所におけるMicro Focus普通株の8月31日の終値をもとに計算すると、HPEの株主が所有するMicro Focus株の価値は約63億ドルだ。

 1970年代に創設されたMicro FocusはDevOps、ハイブリッドIT、セキュリティおよびリスク管理、予測分析の4つの分野に注力しており、数十億ドル規模のソフトウェアポートフォリオを有している。

 Micro Focusが所有するほかのソフトウェアフランチャイズには、AttachmateやSUSE Linux、Borland、COBOL、NetIQ、Novell、Progress、Serenaが含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算