編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

腎臓病食のご紹介!野菜の使いこなし術

NPO法人 腎臓サポート協会

From: Digital PR Platform

2013-09-19 11:20


 NPO法人 腎臓サポート協会のホームページ『腎臓病なんでもサイト』では、食事療法中の腎臓病患者さんのために、知っておくと便利な調理のコツやアイデアなどを、レシピとともにご紹介しています。

 腎臓病食は低たんぱくで野菜を豊富に。そういわれても、毎日いろいろな種類の野菜をたくさん摂るのは至難の技です。腎機能が阻害されるとカルシウムや鉄分も欠乏しやすくなります。
また、ビタミンCが欠乏すると、貧血や骨粗しょう症、切り傷が治りにくいなどの諸症状を引き起こす恐れがあります。また、免疫力が低下して風邪をひきやすくなるので、野菜類は努めて摂りたいもの。
そこで、できるだけ多くの野菜を、もっと気軽に使いこなす術をご紹介します。


――――――――――――――――――――――――
腎臓病患者さんが知っておきたい、野菜の使いこなし術
――――――――――――――――――――――――

■【カリウムを減らす】
野菜を食べるとき最も気になるのがカリウムの含有量。
カリウムは、水に溶ける性質があるので、水にさらしたり、ゆでこぼしたりすれば、調理前の1/3~2/3に減らすことができます。

■【切り方にもポイント】
切り口をなるべく大きく、根菜類は小さく、葉菜類は細かく切り、たっぷりの熱湯でゆでる。
キュウリなどの生で食べる野菜は、薄く切って、よく水にさらします。
(断面が多いほど、カリウムの流出が大きくなります。)

■【電子レンジを活用】
電子レンジを上手に使えば、野菜も簡単にゆでることができます。
腎臓病食の人は、加熱後、水にさらすのが、カリウムを取り除くポイント。
サイトでは、野菜の種類別に加熱方法をご紹介しています。

■【下ごしらえで手間いらず】
日常的によく使う青菜、ジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、キヌサヤなどは、あらかじめゆでて、密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存しておけば、炒め物、みそ汁、煮物などに手軽に使えて便利。長く保存するときは冷凍をおすすめします。

■【野菜の冷凍・解凍術】
野菜が安くてたくさん出回ったときは、冷凍しておくとたいへん便利。
解凍後の調理法も覚えておけば、レパートリーがぐんと広がります。
サイトでは、野菜の種類別に冷凍・解凍方法をご紹介しています。


※上記は、『腎臓病なんでもサイト』からの抜粋です。
サイトでは、野菜の種類別に、冷凍・解凍のしかた、電子レンジでの茹で方などを解説しています。ぜひご覧ください!

▼腎臓病患者さんが知っておきたい、野菜の使いこなし術▼
(リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]