レッドハット中井氏によるコラム「Linuxコンテナ(LXC)の基礎をまとめ直す」

レッドハットエバンジェリスト中井悦司氏によるクラウドに関連するオープンソース・ソフトウェアの技術コラム

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2014年05月21日

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はレッドハット中井氏によるコラム「Linuxコンテナ(LXC)の基礎をまとめ直す」を公開しました。

###
 最近、「Docker」の話題をよく耳にするようになりました。Dockerは、Linuxコンテナ(LXC)を活用するためのツールで、コンテナ内部で動かすアプリケーション環境の管理が簡単になります。ただし、Dockerを利用してコンテナを使っていると、手軽で便利な反面、コンテナそのものの技術的な本質が見えにくくなることもあります。
 そこで、今回は、Linuxコンテナの技術的な特徴をあらためて整理してみたいと思います。Linuxコンテナの基礎を理解することは、Dockerをより高度に使いこなす上でも大切です。すでにDockerを活用している方も、これから試してみようという方も、Linuxコンテナがどのように実現されているのか、その内部の仕組みをぜひ理解しておいてください。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]