ピュア・ストレージ・ジャパン、新しいフラッシュアレイと 機能を拡充したソフトウエア「Purity 4.0」を提供開始

フラッシュアレイシリーズのラインナップ拡充と新たなデータ保護機能の追加により 企業におけるミッションクリティカルなアプリケーション環境に幅広く対応可能に

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 2014年05月22日

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区桜丘町、代表取締役:山田 秀樹)は、主力製品であるFA-400シリーズ製品ラインナップを拡充し、既存の「FA-420」に加えエントリーレベルの「FA-405」と大容量・高性能のハイエンドモデル「FA-450」と、Purityオペレーティング環境の最新ソフトウエア「Purity 4.0」を本日より発売開始します。

1.「FlashArray」シリーズ:あらゆる企業向けのオールフラッシュストレージ

「FA-405」および「FA-450」は、ピュア・ストレージの現行製品である「FA-420」アレイを補完するもので、あらゆる企業の様々な予算規模、容量・性能要件を満たすよう設計された、エントリーレベルおよび大容量・高性能のソリューションです。このフラッシュアレイ製品シリーズは、十分な拡張性を備えておりアップグレード可能であるため、都合に合った構成から始めて、アプリケーション要件の変化に応じて、業務を中断させることなく性能と容量を拡張していくことができます。
ピュア・ストレージ「FA-400シリーズ」の製品ラインには以下が含まれます。

•「FlashArray 405」(新製品):中規模企業、分散運用、単一アプリケーション配備用のエントリーレベルアレイ
1Uコントローラーのフォームファクターにて最大40TBの使用可能容量を提供し、エントリーレベルの構成に最適です。「FA-420」や「FA-450」と同じ「Purity4.0」ソフトウェアで動作し、より小規模で分散環境にある企業の予算やスペース要件を考慮し、「FA-420」および「FA-450」アレイの持つすべてのパワー、性能、エンタープライズ・クラスの機能を提供します。また、仮想デスクトップ(VDI)のパイロットや単一データベースの高速化といった単一アプリケーションの初期導入にも理想的で、お客様の容量や性能ニーズの拡大に従い、「FA-420」または「FA-450」システムへのスムーズなアップグレードが可能です。


•「FlashArray 420」:データセンターでの主力機の役割を続ける現行製品
ピュア・ストレージの既存製品である「FA-420」は、フラッシュアレイシリーズの中核製品であり、アプリケーション統合など幅広い用途に対応しており、最大125TBの使用可能容量をサポートします。また、容量や性能に関するお客様のニーズの増大に伴い、FA-450へのスムーズなアップグレードが可能です。


•「FlashArray 450」(新製品):大企業向けの高容量・高性能フラッシュアレイ
「FA-450」はワークロードの統合や仮想化のための、Tier1ディスクストレージの置き換えに適しており、2Uのコントローラーの設置面積内に最大250TBの使用可能容量を提供します。各コントローラーに2基の2.7GHz 12コアのインテルプロセッサーと512GB RAMを備えており、大企業向けに最大の拡張性、パワー、性能を提供するよう設計されています。また、16Gb/sのファイバーチャネル接続のサポートも追加しています。

2.「Purity4.0」ソフトウェア(新製品):ミッションクリティカルな環境専用に構築

Purity オペレーティング環境の第4世代リリースは、エンタープライズAFAソフトウェアの新しい標準を打ち出したもので、このクラスで最も広範で包括的な災害復旧、データ保護、セキュリティ機能を提供します。「Purity 4.0」は、今回強化されたFlashRecoverのネイティブで動作し完全に統合されたレプリケーション、スナップショット、ポリシー管理のサービスの提供により、自然災害、人為的なミス、ハードウェア障害、悪意ある攻撃といったあらゆる状況下で、ミッションクリティカルなアプリケーションの継続稼働を目的として開発されました。
「Purity 4.0」リリースの主要な新機能は以下の通りです。

• FlashRecover ReplicationおよびSnapshotによる包括的なデータ保護
「Purity 4.0」の新しいFlashRecoverテクノロジーは、データ削減を考慮したレプリケーションとスナップショットサービスの機能を備えており、ローカルおよびリモートのデータセンター向けに、スペース効率の良い瞬時のコピーと拡張データ保護機能を提供します。

FlashRecover Replicationは、すべてのフラッシュアレイ上でネイティブに動作し、Purity独自のFlashReduce重複排除と圧縮技術を活用して、災害復旧のサポートに必要なネットワーク帯域幅を大幅に削減します。FlashRecoverは、ファンイン/ファンアウトのどの組み合わせにおいてもフラッシュアレイ400シリーズを横断したレプリケーションを可能にし、単一ボリューム、複数ボリュームのコンシステンシーグループ、またアレイ上の全データコンテンツの
レプリケーションをサポートします。


• FlashRecover Protection Policiesによるエンドツーエンドの保護ポリシー管理
Purityの新しいFlashRecoverテクノロジーは、データ保護のグローバル管理を簡素化するための保護ポリシー機能も備えています。Protection Policiesは、レプリケーションとスナップショットサービスを単一のポリシー・オーケストレーション層に統合して、ローカルおよびリモートのさまざまなレベルでのデータ保護や、ボリューム別、コンシステンシー・グループ別、あるいはアレイ別のデータ保持をユーザーが管理できるようにします。

FlashRecover Protection Policiesは、ミッションクリティカルなアプリケーションの災害復旧、ディザスタリカバリ・アズ・ア・サービス(DRaaS)、マルチサイトでの開発・テスト環境、コンテンツ配信、リモートオフィス保護などをはじめとする、さまざまな一次ストレージの使用要件を満たせるよう設計されています。


• FlashProtect:ミッションクリティカルな環境向けに拡張された情報セキュリティ
「Purity 4.0」のFlashProtectは、高速データロックとダークサイト・サポートの新サービスに、既存の保存データの256ビットAES方式による常時暗号化および高可用性を組み合わせ、ミリタリーグレードのデータセキュリティとコンプライアンスを提供します。


フラッシュアレイおよびPurity ソフトウェア新製品の提供
「FA-405」: 本日より提供開始します。
「FA-450」: 2014年6月より提供開始します。
「Purity 4.0」: 2014年6月に出荷開始予定です。詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

本発表に向けたコメント

・ 451 Researchのシニアアナリストであるティム・スタマーズ(Tim Stammers)氏は、次のように述べています。
「目まぐるしく進化を続けるインフラの要求に歩調を合わせるため、企業はこれまで以上にストレージ・ソリューションに対して、さらなる拡張性、簡素性、効率性を求めています。これはとりわけ、取得コストを低く抑え、総所有コスト(TCO)を削減できる場合に、ピュア・ストレージのフラッシュアレイなどのオールフラッシュアレイ・ソリューションが優位な立場にある価値提案です。」

・ MarkLogicのITシニアディレクターであるジェフ・トーマス(Jeff Thomas)氏は、次のように述べています。「ピュア・ストレージによって、当社のIT部門はより少ないコストでより多くのことを達成することができ、インフラ管理を合理化して、ITリソースを他のことに振り分けられるようになりました。ピュア・ストレージを使用すれば、レプリケーションの実行にあたり複雑な実施計画は不要です。ただ設定し、スケジュールするだけで完了します。Pureのレプリケーションソリューションは、シンプルであるだけでなく、柔軟で、ネットワークを占有せず、データリカバリをごく簡単な作業にしてくれます。」

・ ピュア・ストレージのCEOであるスコット・ディーツェン(Scott Dietzen)は、次のように述べています。「これは、PureとAFAカテゴリー全般にとって重大な分岐点です。当社はフラッシュアレイ450と『Purity 4.0』によって、従来型のハイエンド・ディスクアレイと機能的に同等なものを提供しています。将来誰も、データベースや仮想化アプリケーション用に高性能(という表現は矛盾していますが)ディスクを使用しなくなるでしょう。誰一人としてです。フラッシュアレイは、ディスクよりも廉価で、かつ10倍あるいはそれ以上の性能、電力、スペース効率、信頼性、運用の簡素性を提供します。従来型ディスクアレイに対する経費節約分だけでも、当社のフラッシュアレイはデータセンターでの3~4年の運用で元が取れ、従来型メカニカルストレージの減価償却後も生産性の高いサービスを何年も提供し続けます。」


■グローバルオンラインイベント「Flash Visionaries Summit」の紹介
新製品の詳細は、Flash Visionaries Summit(英語)で提供しています。このオンラインイベントでは、企業向けの新しいインフラストラクチャの展望について、著名な業界アナリストやITエンドユーザーとの詳細にわたる対話が公開されています。このイベントはどなたでも参加可能で、詳細は以下のサイトをご覧ください。参加登録は以下のサイトで行えます。
(リンク ») purestorage.com/20140515FlashVisionariesSummit_Request.html

■ピュア・ストレージについて
ピュア・ストレージはエンタープライズ向けのオールフラッシュストレージを提供している企業であり、データセンターにおけるフラッシュの幅広い利用を可能にしています。従来型ディスクが中心のアレイと比較すると、ピュア・ストレージのエンタープライズ向けオールフラッシュストレージアレイは10倍高速で、スペース効率と電力効率に10倍優れ、保存容量1ギガバイト当たりの単価で高性能ディスクを下回る価格での提供が可能です。ピュア・ストレージ フラッシュアレイは、サーバー仮想化、デスクトップ仮想化(VDI)、データベース(OLTP、リアルタイム分析)、クラウド・コンピューティングをはじめとする高性能ワークロードに最適です。詳細は以下のサイトをご覧ください。
(リンク »)

■ピュア・ストレージのソーシャルメディア
ブログ: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
LinkedIn: (リンク »)


■本件に関する報道関係者お問い合わせ先

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 広報担当 阿部 恵史
電話:03-5456-5699
E-mail:yoshi@purestorage.com

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 広報代理店
担当:小野寺、峰松、仙場
電話:03-3571-5236 FAX:03-3574-9364
E-mail:purestorage-pr@kyodo-pr.co.jp

Pure Strorageおよびロゴマーク、Purity Operating Environment、およびRAID-3Dは、Pure Strorage, Inc.の商標です。
本リリースにおけるその他すべての商標または参照名は、それぞれの所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]