共創によるイノベーションを顕彰する「日本のコ・クリエーション アワード2014」を発表

株式会社電通 2014年12月16日

From 共同通信PRワイヤー

2014年12月16日

株式会社電通

電通とインフォバーン、共創によるイノベーションを顕彰する
「日本のコ・クリエーション アワード2014」ベストケーススタディを発表

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)と株式会社インフォバーン(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:小林 弘人/今田 素子)は、2014年に国内で実施された企業・自治体・団体などの優れたコ・クリエーション(共創)を顕彰する「日本のコ・クリエーション アワード2014」において、“ベストケーススタディ”を選定いたしましたのでお知らせします。

本企画は、両社が2012年6月に立ち上げたオープンイノベーションのウェブメディア「cotas(コタス)」※上で行われ、一般公募に加え、審査員・コタス編集部の推薦により、2014年を代表する23のコ・クリエーション(共創)事例をノミネート。厳正なる審査を経て、先進的かつイノベーティブで新しい価値づくりを促進する、次の5つの事例を2014年の“ベストケーススタディ”として決定いたしました。

【ベストケーススタディ2014】(50音順)
・イノベーション東北(Google)
・nbike(エヌバイク)(株式会社ナイトペイジャーほか)
・神山プロジェクト(NPO法人グリーンバレー)
・J-WAVE LISTENERS’ POWER PROGRAM「SOCIAL GOOD RADIO」(J-WAVE)
・ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014(横浜ランデヴープロジェクト実行委員会、
NPO法人スローレーベル)

受賞事例の詳細は、cotas上で掲載している特集「日本のコ・クリエーションアワード2014」( (リンク ») )でご確認ください。

※cotas(コタス)とは:オープンイノベーションをはじめとする、人々のボーダーレスな参加がもたらすモノやサービスの新しい価値づくりをテーマとするウェブメディアです。国内外の新しいイノベーション事例やビジネスモデルの紹介、実践者やオピニオンリーダーのインタビューを実施し、「オープンな社会づくり」を促進することを目標にしています。 URL: (リンク »)
【審査概要】
・審査期間:2014年11月26日~12月5日
・審査員:メンバーは以下の7名
小林 弘人(株式会社インフォバーン 代表取締役CEO)
畔柳 一典(株式会社電通 ビジネス・クリエーション・センター 局長)
紺野 登 (KIRO株式会社 代表、多摩大学大学院 教授)
坂田 直樹(株式会社Blabo 代表取締役)
住友 滋 (株式会社コンセラクス 代表取締役)
野村 恭彦 (株式会社フューチャーセッションズ 代表取締役社長)
林 千晶 (株式会社ロフトワーク 代表取締役)
 ・選考理由や審査員総評は、「cotas」(URL: (リンク ») )をご覧ください。

以 上


【本件に関する問い合わせ先】 
株式会社電通 コーポレート・コミュニケーション局 広報部
渓、山田 TEL:03-6216-8041

【cotasに関する問い合わせ先】 
 株式会社電通 電通総研
        担当:西原  TEL:03-6216-8458
 株式会社インフォバーン cotas編集部
        担当:高田  TEL:03-5784-6703



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]