編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RHEL7/CentOS7のjournaldでシステムログを一元管理 (中井悦司氏コラム)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2015-01-09 08:00

CTC教育サービスは「RHEL7/CentOS7のjournaldでシステムログを一元管理 (中井悦司氏コラム) 」を公開しました。
###
はじめに

 RHEL7/CentOS7が公開されて数ヶ月が過ぎましたが、systemdやNetworkManagerなどの新しいコマンド体系にも馴染 んできたでしょうか? 今回は、systemdのシステムログ管理サービス「journald」について解説したいと思います。
journaldって何?

 journaldは、systemdの環境で標準的に提供されるログ管理のサービスで、正式名称は、「systemd-journald.service」になります。次のように、systemdが管理するサービスの1つとして稼働していることが分かります。

(この続きは以下をごらんください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]