編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

AWSのネットワーク-Elastic IP アドレス(EIP)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2015-10-21 09:00

CTC教育サービスはコラム「AWSのネットワーク-Elastic IP アドレス(EIP) 」を公開しました。
###
こんにちは、デジタルサポート大喜多です。 前回はAWSのネットワーク-VPC(Virtual Private Cloud)についてご説明致しました。その中でEIPという用語を使ったのですが、今回はそのEIPの話をしたいと思います。EIPとVPCはクラウドの代表格であるAWSの特徴的な機能の1つですので、これを機に理解を深めていただければと思います。

EIPとは
 Amazon EC2インスタンスは、作成された時点でプライベートIPアドレスとパブリックIPアドレスの両方を持っています。プライベートIPアドレスは指定したVPCサブネットの中から割り当てられインスタンスに固定されます(インスタンス上のOS上で設定されているように見えるアドレスがこちらです)。パブリックIPアドレスはAWSのパブリックIPアドレスプールから割り当てられ、プライベートIPアドレスにNATされます。このアドレスプールから自動的に割り当てられたパブリックアドレスはEC2インスタンスに固定化されず変化することがあり、またEC2インスタンスをTerminateすると再利用することもできません。ISP(インターネットサービスプロバイダ)の動的IPアドレス接続と同じイメージです。EIPはEC2インスタンスのための固定パブリックIPアドレスです。

EIPの使い方
 EIPに関する操作はManagement Console上から行えます。
 1) EC2 DashBoard→Elastic IPs→Allocate New AddressでEIPを新規作成
 2) Associate AddressでEIPをEC2インスタンス(のENI)に紐付けすることができます。
以上でEC2インスタンスのパブリックIPアドレスがEIPに固定化されました。また
 3) Disassociate AddressでEIPをEC2インスタンス(のENI)に紐付けを解除できます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]