阪南大学×南海電鉄 「官・民・学・街」連携で「なんば」のエリアプロモーション

学校法人阪南大学 2015年08月26日

From 共同通信PRワイヤー

2015.8.26

阪南大学

阪南大学×南海電鉄 「官・民・学・街」連携で「なんば」のエリアプロモーション

南海電鉄(社長:遠北 光彦)が運営する商業施設「なんばパークス」および「なんばCITY」と話題のスポット「ウラなんば」及びなんば周辺で活動するマルシェがコラボレーションするイベント「星空スタンド」・「ガーデンマルシェ」を8月26日(水)~30日(日)の5日間開催する。

産学連携の取り組みとして、阪南大学(大阪府松原市)国際観光学部は、同イベントを外国人観光客にも利用してもらえるよう観光案内所「ウエルカムインフォメーション」をなんばパークス2階にて開設し、学生たちが外国人観光客をおもてなす。

※阪南大学国際観光学部 松村研究室では外国人バッグパッカーの多い新今宮にて、日頃より学生たちだけで「新今宮観光インフォメーションセンター」を運営している。

*「星空スタンド」・「ガーデンマルシェ」の詳細はこちら*
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]