AWSを利用してPCI DSS準拠をめざすユーザ向けのクラウドサービス「PCI DSS Ready Cloud AWSモデル」を2017年秋に提供開始

株式会社リンク 2017年06月22日

From DreamNews

クラウドサービス「 PCI DSS Ready Cloud 」「 Cloud Token for Payment Card 」および「 BIZTEL コールセンターPCI DSS 」を展開する株式会社リンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田元治)は、2017年秋に AWS 上で PCI DSS 準拠を支援する『 PCI DSS Ready Cloud AWS モデル 』の提供を開始します。

2017年 3月 8日(水)に経済産業省が主導する「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が発表した「実行計画2017 (※1)」を受けて、カード情報を取扱う事業者はカード情報の非保持化または PCI DSS 準拠を行う必要があります。

※1「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が発表した実行計画
(リンク »)

これらの課題に対し、PCI DSS に準拠しなければならないサービスプロバイダー(決済代行事業者・BPO 事業者・Fintech 事業者等)においては、準拠に必要なコストをおさえるために、サーバリソースを共有する Amazon Web Services ( AWS ) を利用するケースが増えています。一方、AWS 上で稼働するサーバ環境で PCI DSS に準拠するには、ユーザ企業自らがセキュリティシステムの一部を構築する必要がありますが、「 PCI DSS Ready Cloud AWS モデル 」を利用することによって、これらの構築が不要になるだけでなく、安価かつ迅速にクレジットカード情報を取り扱うことができるようになります。

「 PCI DSS Ready Cloud AWSモデル 」は、既に AWS 上で運用されているユーザ向けに PCI DSS 準拠に必要なセキュリティコンポーネントのみを提供するプランに加え、新規に AWS 上で構築するユーザ向けにサーバ環境まで組み合わせた「 VPC(※2)型 」の2つのプランを提供します。

※2 VPC:Amazon Web Services が提供する「仮想プライベートクラウド」のこと

■「 PCI DSS Ready Cloud AWS モデル 」各プランと料金
・ セキュリティコンポーメント提供型:月間利用料 35万円~ / 初期費用 160万円~
・ VPC 提供型:月間利用料 50万円~ / 初期費用 160万円~

※ 参考:リンクが提供するセキュリティプラットフォーム
・ PCI DSS Ready Cloud プライベートクラウドモデル (リンク »)
・ Cloud Token for Payment Card (リンク »)
・ BIZTEL コールセンター PCI DSS (リンク »)

リンクはカード情報の非保持化や PCI DSS 準拠を求められているクレジットカード加盟店・事業者に対し、さまざまなサービスを通じて、より安全にクレジットカードの決済が行える環境の構築・運用を支援してまいります。

株式会社リンクについて
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティング・クラウド型テレフォニーサービス、セキュリティプラットフォームサービスなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。農系事業にも取り組んでおり、2011年 10月から岩手県岩泉町にある自然放牧酪農場「なかほら牧場」を運営しています。事業内容の詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社リンク (担当:滝村・松本)
〒107-0052 東京都港区赤坂7丁目3番37号カナダ大使館ビル1階
TEL:03-5785-0555 / FAX:03-5785-2277
Eメール:takimura@link.co.jp / matsumoto@link.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンクの関連情報

株式会社リンク

株式会社リンクの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。