編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「WannaCry」を始めとしたランサムウェアの成り立ちと対策

株式会社Doctor Web Pacific

2017-07-07 09:00

「WannaCry」は、米国国家安全保障局内部に存在すると疑われているハッカー集団が開発、使用していたとされる攻撃ツールをShadow Brokersが盗み、公開したツールの技術を使用して作成されていると言われています。
###

意外な広がりを見せる「WannaCry」:

1.通常のランサムウェアプログラムとは異なり、「WannaCry」はスパムメールによって広がるため、迷惑メールを送った量に比例して感染が拡大していきます。 他のプログラムとは対照的に、「WannaCry」はねずみ講に似ています。感染したすべてのマシンは、ローカルネットワークとインターネットの両方で他のホストに感染しようとします。今回の件は、2000年代初めに大流行した「メリッサ」の感染拡大状況に非常によく似ています。「メリッサ」は、わずか数時間で数百万のPCを感染させ、その感染率は世界中のコンピュータの20%にまで上りました。では、現在のインターネットは、当時に比べ安全に使用されるようになったのでしょうか?

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]