第五回「事業部門用ERP ~2 Tier ERPという考え方~」

吉政忠志氏のコラム「ERP千里眼」

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT 2017年09月12日

双日システムズは吉政忠志氏のコラム「ERP千里眼」第五回「事業部門用ERP ~2 Tier ERPという考え方~」を公開しました。

###
単一事業の業態の企業であれば、全社で1つのERPという考え方も良いと思うのですが、複数の事業体を持つ企業におけるERPは1つのERPに全業務を集約する必要はないのではないかと、考えています。

そもそも、複数の事業体を持つ企業のERPの導入ケースを見てみると、個別の事業にERPを最適化するためにカスタマイズが多くなり、システムとしてのERPが肥大化しているように思えます。皆さんのERPはいかがでしょうか?そうなっていませんか?ERPを長年使っているお客様は私の説明を聞くまでもなく、状況を把握されていると思います。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。