編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

中京銀、1500台のPCを2カ月でWindows 7に移行--IE6は仮想化ソフトで対応

NO BUDGET

2014-06-24 18:19

 中京銀行は「Windows XP」サポート終了を受けて、全行で使用していた1500台のクライアントPCを刷新、4月から「Windows 7」を搭載した新PCで業務をこなしている。既存アプリケーションからの移行も含め、プロジェクトは2013年10月末から開始、3月末までに全拠点90カ所への展開を完了し、当初のスケジュール通りに完了したという。移行作業を支援した双日システムズ、日本電通、日本IBMが6月23日に発表した。

 同行では、Windows XPのサポート終了に伴ってクライアント環境のあり方を検討した結果、アプリケーションの仮想化と「Internet Explorer(IE)」の互換ブラウザで既存アプリケーションの延命を図るとともに、新PCとして現行PCの後継機種である「Lenovo ThinkPad Edge E530c」を採用することにした。

 具体的には、今回の移行対象となった約30システムのうち、Windows 7上でそのまま稼働しない5つのシステムに対して、「VMware ThinApp」でアプリケーションを仮想化することで、アプリケーション自体を改修せずにWindows 7環境へ移行させている。その結果、アプリケーションの改修対応にかかるコストを約50%削減するとともに対応期間を短縮化できたという。

 IE6で稼働する既存アプリケーションの仮想化では、ThinAppで直接IE6を取り込んだ場合、Windows 7上で2つのバージョンのIEが稼働することになり、「単一のWindows上で複数バージョンのIEの実行をサポートしない」というMicrosoftのライセンス規約に抵触することになるが、双日システムズのIE互換ブラウザ「thinforie」を採用することで、この問題を回避している。

 中京銀行の本店と営業店の全90拠点への1500台のクライアントPC展開には、「IBMプラットフォーム導入支援サービス(PIDS)」を利用し、同行でのPC展開で実績のある日本電通と協業し、当初のスケジュール通り、約2カ月で拠点展開を終えた。これまで通りの操作性を維持しながら、短期間かつ低コストでの移行と安定稼働を実現したと説明している。

 中京銀行は、今回の対応でXPのサポート終了に伴うアプリケーション改修から開放され、今後は本来の銀行業務の機能やサービス向上に伴うアプリケーション改修に専念していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]