ドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ 2017年09月20日

From PR TIMES

小型無人機の事故解析、機体捜索に必要な機能を搭載

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-29、代表取締役:伊豆智幸 以下エンルートラボ)は、ドローン用小型フライトレコーダーを開発いたしました。



機体トラブル等による墜落時に、事故原因究明に有効なデータを記録する装置となります。記録されるデータは、機体の傾きや速度、GPSの航行軌跡、モーターの出力、オペレーターの操作状況などとなります。
データは、産業用防水型のマイクロSDに記録され、PCで読み取りし、専用ソフトでの解析を行えます。
フライトデータレコーダーを発見するための機能として、座標情報をBLE(Bluetooth Low Energy)によるビーコンとして発信します。また、ブザーにより音による捜索も可能としています。これらの機能は、墜落等による外部電源遮断後も、自身のもつ電源により30分から数時間(独立電源の容量とビーコンの発信間隔による)の動作時間を確保しています。BLEでは、近距離での通信しか行えませんが、捜索用ドローンに搭載可能な発見用装置を用意しており、飛行経路周辺のドローンによる捜索も可能としています。機体の紛失は、バッテリー発火による山火事の誘発や、ドローン動産保険の適用にならないケースもあるため、機体発見の機能は重要なものとなります。
レコーダーユニットは、アルミとPOM製のケースに収められ、墜落時の衝撃にも耐える構造になっています。またケースの開封を記録する仕組みになっており、ユーザーによるデータ改竄可能性を確認することもできます。


[画像: (リンク ») ]

注1)本フライトデータレコーダーは、エンルートラボ設計の機体専用となっております。
注2)本フライトデータレコーダーは、OEM、ODMでの供給となっており、単体での販売は行なっておりません。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社エンルートラボ
電話:049-293-4567 メールアドレス:info@elab.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]