ダッソー・システムズ、「京都スマートシティエキスポ 2017」に出展

ダッソー・システムズ株式会社 2017年09月25日

From PR TIMES

シンガポール政府との「バーチャル・シンガポール」を支援

ダッソー・システムズは、2017年9月28日 (木) と29日 (金) の2日間、京都で開催されるスマートシティをテーマとした「京都スマートシティエキスポ 2017」に出展および登壇します。



[画像: (リンク ») ]

本エキスポにおいて、ダッソー・システムズはシンガポール政府と共に推進する3DEXPERIENCityをメインテーマとし、3DEXPERIENCEプラットフォームのさらなる可能性を披露します。

28日の基調講演では、スマートシティ担当バイス・プレジデント アレクサンドル・パリルシアンが登壇し、Virtual Singaporeの取り組みを紹介する予定です。また展示会場では、各国自治体での都市計画・政策決定を加速するダッソー・システムズのバーチャル・リアリティ・システム「バーチャル市長室」の体験や都市計画・活用プラットフォームである「3DEXPERIENCity」のデモを行います。政策的な観点だけでなく、技術的な観点からの解説も行う予定です。

出展および登壇の概要は下記の通りです。

~記~

・展示会名: 「京都スマートシティエキスポ2017 」
・出展日: 2017年9月28日(木)~29日(金)
・会場: けいはんなオープンイノベーションセンターほか、各施設
・地図: (リンク »)
・小間番号: K-1 メインホール (※基調講演)
2-01 ダッソー・システムズ株式会社 展示ブース
・詳細URL: (リンク »)

※京都スマートシティエキスポ 2017は、スマートシティをテーマとした、近年急速に発展・進化を見せているICT産業に焦点をあて、運輸、環境、情報通信など、様々な分野の企業・研究・行政機関が国内外から一同に集う国際イベントです。

(以上)

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCEカンパニーとして、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約22万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。