グーグルのクラウドを支えるテクノロジー >  第24回 マイクロサービス・システムにおけるgRPCの役割(前編

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2017年10月02日

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー >  第24回 マイクロサービス・システムにおけるgRPCの役割(前編 」を公開しました。

###

はじめに
 今回は、2017年に開催されたSREcon17 Asia/Australiaでの講演「SRE Your gRPC--Building Reliable Distributed Systems」をもとにして、マイクロサービス型のアプリケーションにおけるgRPCの役割を解説します。この講演では、複数のマイクロサービスを組み合わせた、分散アーキテクチャーのアプリケーションを安定運用するためのガイドが示されており、gRPCを用いたサンプルコードによる解説が加えられています。ここでは特に、マイクロサービス・システムの安定稼働という観点から、gRPCの活用法を紹介したいと思います。

gRPCとは?
 Googleにおけるアプリケーション開発では、スケーラブルなマイクロサービス型のアーキテクチャーが基本となっており、サービス間の通信処理を担うコンポーネントとして、Stubbyと呼ばれる独自のRPCライブラリーが利用されてきました。gRPCは、このライブラリーをオープンソースとして再実装したもので、さまざまなプログラミング言語で使用することができます。
 マイクロサービスの呼び出しには、REST APIもよく利用されますが、REST APIが既存のHTTP(S)プロトコルをそのまま利用しているのに対して、gRPCでは、HTTP/2プロトコルをベースとして、マイクロサービスの連携に必要なさまざまな機能が実装されています。具体的には、アプリケーションレイヤーでのフロー制御、多段階にわたるサービス呼び出しの連携、ロードバランスとフェイルオーバー、双方向のストリーミング通信などがあります。詳細については、gRPCのホームページの説明が参考になるでしょう。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]