ウガンダ発のトラベルバックブランド「RICCI EVERYDAY」。認定NPO法人「テラ・ルネッサンス」との協働開始

株式会社RICCI EVERYDAY 2017年10月04日

From PR TIMES

~ ウガンダの元子ども兵向けにデザインと技術を提供し、収入源を増やす取組みをスタート ~

ウガンダ発のブランド「RICCI EVERYDAY」(リッチー・エブリデイ)( (リンク ») )を展開する株式会社RICCI EVERYDAY(静岡県静岡市、代表取締役:仲本律枝)は、2017 年 10 月 3 日、日本の認定NPO法人テラ・ルネッサンス(京都府京都市、代表者:小川真吾)と協働し、紛争被害に遭った元子ども兵向けに、RICCI EVERYDAYのデザインとより高度な技術を提供。さらなる収入向上を目指す取組みをスタートしたことをご報告いたします。



[画像1: (リンク ») ]


「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションの中からひときわカラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやトラベルグッズを展開しているブランドです。全国の大手百貨店やセレクトショップ、自社オンラインストアにて販売を行っています。

テラ・ルネッサンスは、ウガンダ北部にて、2006年まで続いた内戦によって被害を受けた人々をサポートしている、日本の認定NPO法人です。幼い頃に内戦によって子ども兵として誘拐された人々が、国連などによって保護された後、彼らが自立した生活を送れるように、メンタルケアと並行して、大工やテーラリング(縫製・仕立て)などの職業訓練を受けられる3年間のプログラムを提供しています。これまで受け入れた子ども兵は200名以上にのぼります。

RICCI EVERYDAYは、現在プログラムを受けている9期訓練生向けに、デザインと、グローバル市場向けに販売する製品を作るためのより高度な技術を提供。彼らが安定的な収入源を増やす取り組みをスタートさせました。現在トレーニングを重ねており、2018年中のRICCI EVERYDAYでの商品化を目指しています。


仲本千津(RICCI EVERYDAY 共同創業者兼COO、 Rebeccakello Ltd MD)コメント
RICCI EVERYDAYが本事業を通じて、元子ども兵という特別な背景を持った人たちの自立支援に、微力ながら貢献できることを大変嬉しく感じています。都市部に暮らすシングルマザーや元子ども兵と呼ばれる人々は、ウガンダ社会の中でも疎外されがちで、自立的な生活を送ることが難しい環境にありました。そんな人々が、やる気と才能を最大限に活かしながら、生活を立て直す小さなきっかけを作りたいと思ったことが、本事業のスタートポイントでした。彼ら・彼女らが自尊心を取り戻しながら、心豊かに生活を送るサポートを、継続的に行っていこうと考えています。

テラ・ルネッサンスについて
・名称: 特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス
・代表者: 小川真吾
・所在地: 京都府京都市下京区五条高倉角堺町21番地jimukinoueda bldg. 403号室
・設立 : 2001年10月31日
・URL : (リンク »)
・活動内容:
テラ・ルネッサンスは、地雷除去支援、紛争・災害被災地域での復興支援事業、地雷被害者や除隊兵士といった紛争被害者への支援事業、及び一般市民を対象とした地球市民意識の啓発活動などを行なうことにより、「次世代への責任」を一人ひとりの市民が認識することを促し、すべての生命が安心して生活できる社会の実現に寄与することを目的とする。


お知らせ

■イベント「LunchTripウガンダ便 アフリカンプリントに魅せられて」のお知らせ

RICCI EVERYDAYの共同創業者兼COO仲本千津が、10月9日、LunchTrip(ランチトリップ)にガイドとして参加いたします。LunchTripとは、毎回テーマを決めて都内の異国レストランや大使館を巡り、美味しいランチを食べながら異文化理解をする取り組みで、2008年から行われています。当日は、旅好きの人が、「欲しい!」と感じていたトラベルアイテムのデザイン・ワークショップも企画しています。参加された方のアイデアがRICCI EVERYDAYの商品になるかもしれません。是非ご参加くださいませ。
LunchTripの詳細は下記の通りです。

・日時:2017年10月9日(月・祝)11:30開場、11:45開始、14:30終了予定
・場所:アフリカ料理レストラン カラバシュ(東京都港区浜松町2丁目10-1)
・参加費用:4,000円
・定員:35名
・お申込みページ:下記よりお申し込みください。
  (リンク »)
・イベント詳細ページ:
  (リンク »)


■ポップアップストアのお知らせ

また、RICCI EVERYDAYでは、以下の日程でポップアップストアを開催いたします。

 ・10月18日(水) ~ 10月23日(月)
  場所:大丸札幌店

 ・10月25日(水) ~ 10月31日(火)
  場所:高知大丸

詳細はウェブサイトよりご確認ください。
(リンク »)


RICCI EVERYDAY 共同創業者兼COO
Rebeccakello Ltd MD
仲本千津 プロフィール

[画像2: (リンク ») ]

1984年静岡県生まれ。一橋大学院卒業後、邦銀で法人営業を経験。その後国際農業NGOに参画し、ウガンダの首都カンパラに駐在。その時に出会った女性たちとともに、カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用したバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売する「RICCI EVERYDAY」を、日本に暮らす母と共に立ち上げる。

2015年に日本法人、2016年に現地法人及び直営店舗をカンパラ市にオープン。2016年11月に第一回日本アフリカ起業支援イニシアチブ最優秀賞受賞。2017年9月、第5回グローバル大賞(経済産業大臣賞)国際アントレプレナー賞最優秀賞を受賞。頭の中を巡るテーマは、「紛争を経験した地域が、過去を乗り越え、幸せを生み出し続ける場になるには、どうすればいいか」ということ。


■「RICCI EVERYDAY」について

・ブランド背景:“世の中に暮らす人々が自らの才能を開花させながら、誇りを持って生きることのできる世界”の実現を目指し、「アフリカの真珠」と呼ばれるウガンダに直営工房を設立して、現地の女性たちとともにものづくりを行っています。

「アフリカ」と聞くと紛争や貧困などネガティブなイメージを持つ方が多くいらっしゃいます。しかしアフリカは、ネガティブなことだけでなく、素晴らしい魅力にも溢れた場所です。アフリカの良さを知ってほしい、興味を持ってほしいという思いから、共同創立者である仲本千津は、ウガンダの首都カンパラに駐在した際に出会ったシングルマザーたちと、日本で暮らす母とともに、斬新な柄と大胆な原色使いで見る人を魅了する「アフリカン・プリント」を日本の方に伝えるためRICCI EVERYDAYを立ち上げました。

RICCI EVERYDAYでは、豊富なバリエーションの中からひときわカラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやトラベルグッズを企画・販売しています。価格帯は1万円前後で、30代から40代の旅が好きで、ファッションにこだわりを持って生きる、感度の高い男女をターゲットに、全国の大手百貨店やセレクトショップ、オンラインストアにて販売しています。また、RICCI EVERYDAYは、母と娘(仲本千津)が協力して立上げたブランドです。

・百貨店販売実績:新宿伊勢丹、新宿タカシマヤ、そごう・西武グループ、大阪タカシマヤ、松坂屋名古屋店、大阪あべのハルカス近鉄本店など

・ブランドサイトURL : (リンク »)
・オンラインストアURL: (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]



■株式会社RICCI EVERYDAYについて
・会社名: 株式会社RICCI EVERYDAY
・代表者: 仲本 律枝
・所在地: 静岡県静岡市葵区安西1-57-7
・設立 : 2015年8月

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]