国慶節の休日中のUnionPay(銀聯)ネットワーク取引額は1兆元突破の新記録

銀聯国際(UnionPay International) 2017年10月11日

From 共同通信PRワイヤー

国慶節の休日中のUnionPay(銀聯)ネットワーク取引額は1兆元突破の新記録

AsiaNet 70508 (1599)

【上海2017年10月10日PR Newswire=共同通信JBN】今年は国慶節が中秋節と重なり、8日間のゴールデンウィークになった。10月1日から8日まで、UnionPay(銀聯)ネットワーク経由の取引額は新記録の1兆3700億元になり、取引件数は7億2800万件に達した。前年比ではそれぞれ36.2%、11.7%の伸びである。

中国商務省によると、このゴールデンウィーク期間中、国内小売店、飲食店の1日当たり消費額は前年比10.7%、UnionPay(銀聯)ネットワーク経由の1日当たり消費件数は15%増加した。

特に、通常より長い休日が中国人の旅行熱を押し上げた。交通(航空機、鉄道、高速道路)に関するUnionPay(銀聯)の1日当たり取引件数は前年比52%伸びた。UnionPay(銀聯)が国内に「スマート交通(Smart Transportation)」を構築したため、カード保有者はバスや地下鉄、航空機の利用もモバイルフォンによる決済が可能になった。

宿泊、飲食、ショッピングの取引件数は最速で増加し、1日当たり取引件数はホテルとホステルで37%、飲食店で22%それぞれ増加した。

UnionPay(銀聯)の革新的な決済サービスが急速に普及したため、消費者体験が大幅に向上している。UnionPay(銀聯)モバイルQuickPassの1日当たり取引件数と取引額はそれぞれ19% と214%伸びている。また、今年初めに導入されたUnionPay(銀聯)のQRコード決済は件数、額のいずれも急成長しており、今回のゴールデンウィークはメーデー休日と比べてともに50倍以上の伸びを示した。

UnionPay(銀聯)はまた、中国の観光客が海外で利用を望む決済方法である。中国本土以外のUnionPay(銀聯)取引は新たな特徴を見せた。第1に、中国人の旅行先が増え、多くが自由で自立的な旅行を好み、アラブ首長国連邦(UAE)、スリランカ、モロッコ、イスラエルなどが好まれるようになった。第2に、モバイルQuickPassで代表されるUnionPay(銀聯)の革新的な決済製品が観光客の間で人気を得ており、例えばシンガポールとオーストラリアのモバイルQuickPass取引件数はほぼ5倍増加した。第3に、自由で自立的な観光客はより多彩で地元特有の体験を求めており、その結果、ますます多くの店舗が中国人観光客を引き付けようとして、UnionPay(銀聯)を受け入れるようになった。レストラン、スーパーマーケット、景勝地のUnionPay(銀聯)取引額は大幅に伸びている。

ソース:UnionPay International

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]