ランサムウェアにも対応したサイバー攻撃対策Cybereason取扱開始

SBT 2017年10月26日

From PR TIMES

~「侵入させない」から「侵入後の対処」へ。AIの高度な解析によるエンドポイント対策 ~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、サイバーリーズン・ジャパン株式会社(以下サイバーリーズン)の提供する、人工知能(AI)を活用したエンドポイント型サイバー攻撃対策プラットフォーム『Cybereason』の取扱いを開始しましたので、お知らせします。
Cybereasonは、侵入させないことを目的とした従来のウィルス対策製品とは異なり、AIによる高度な分析で侵入後のマルウェアの悪意ある行動を検知し、即時対処することで端末を保護する次世代型のセキュリティ対策製品です。




[画像: (リンク ») ]


IPAの「情報セキュリティ10大脅威2017」によると、ランサムウェアの被害は大きな脅威と報告されています。2017年5月には「WannaCry」による大規模な被害も話題となりましたが、Cybereasonは、WannaCryの挙動を検知し、被害を防ぐことができました。WannaCry以降も「Cerber」や「Locky」といったランサムウェアの亜種が検知・報告されており、ランサムウェアの脅威は継続しています。
日々進化する未知の脆弱性を利用したサイバー攻撃に対し、侵入を想定した多重防御やエンドポイント対策として、従来の対策にCybereasonを加えることで、セキュリティレベルをさらに向上させることができます。

■ Cybereasonの詳細はこちらをご覧ください。
(リンク »)

SBTでは、各種診断サービスから侵入防御ソリューションの提供に加えて、侵入後の検知や対処を可能にするCybereasonやマネージドセキュリティサービス(MSS)、サイバー攻撃を想定した社内体制を強化するCSIRT構築支援まで、お客様の情報資産保護や事業継続をワンストップでサポートいたします。

■ SBTのセキュリティソリューションはこちらをご参照ください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]