11月は労働保険適用促進強化期間です

厚生労働省 2017年11月01日

From 共同通信PRワイヤー

2017年11月1日

厚生労働省

11月は労働保険適用促進強化期間です

厚生労働省では、11月を「労働保険適用促進強化期間」とし、労働保険に加入していない事業主に対して、新聞やインターネットを通じた制度の周知、関係団体などを通じた労働保険の加入促進、各行政機関との連携強化などによって、労働保険への加入促進活動を集中的に取り組み、未手続事業の一掃を図ることとしている。

この労働保険は、労働者を一人でも雇っていれば、事業主は成立手続を行い、労働保険料を納付しなければならない政府が運営する強制保険であり、手続を怠っているとさかのぼって保険料の徴収や、追徴金を課されることがある。厚生労働省は、まだ労働保険に加入していない事業主に対して、早急な加入手続を呼びかけている。

【労働局】
(リンク »)

【労働基準監督署】
(リンク »)

労働保険は、労働者が仕事中に怪我などを負った場合に必要な給付を行う「労災保険(労働者災害補償保険)」と、労働者が失業などをした場合に必要な給付を行う「雇用保険」の総称。中小事業主には、労働保険の各種手続や労働保険料の納付の事務処理を委託することが出来る「労働保険事務組合制度」もある。

【労働保険事務組合制度】
(リンク »)

問い合わせ先
厚生労働省
電話03-5253-1111



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]