MariaDB、Alibaba Groupが率いるシリーズC資金調達を完了、5400万ドルのグローバル投資で2017年を終える

MariaDB 2017年11月02日

From JCN Newswire


MENLO PARK, CA and HELSINKI, FINLAND, Nov 2, 2017 - ( JCN Newswire ) - オープンソースデータベースの急成長の背後にあるMariaDB(R) Corporationは本日、投資組織Intel Capital、California Technology Ventures、Tesi、SmartFin CapitalおよびOpen Oceanの参加を得て、Alibaba Groupが率いる投資で2700万ドルを調達したと発表しました。欧州投資銀行(EIB)の最近の投資額2700万ドルと合わせ、MariaDBの今年の総資金は5400万ドルになります。MariaDBは、Alibaba Groupのクラウドコンピューティング部門であるAlibaba Cloudとの協力を継続し、クラウドや新しいユースケースに新たなソリューションを提供します。主要なLinuxディストリビューションに組み込むことで、MariaDBは世界6000万人以上の開発者の手元に届き、世界の大手クラウドプロバイダーの中で存在感を増している。今回の調達は、世界中のビジネスからのMariaDBへの高い関心を反映している。

Tweet ( (リンク ») ):#MariaDBは @AlibabaGroupを中心に資金調達を終了し、MariaDB #データベースソリューションのグローバル成長を加速する (リンク »)

「世界中の企業が最新のアプリケーション開発のためのオープンソースを標準化しています。」と語るのは、MariaDB CorporationのCEOであるMichael Howard氏。「グローバル銀行から大手電気通信会社まで、MariaDBは、次世代アプリケーション用データベース機能を独自に提供することから選ばれています。機械学習によりクラウドとオートメーションに新しいソリューションをもたらしながら、この投資により、MariaDBはさらに成長を加速します。」

MariaDBのオープンソースモデルと積極的なコミュニティ参加により、同社は、Oracleなどの独占的なソフトウェアベンダーよりも急速に成長し、業界をリードする新しい機能を追加することが可能になります。テクノロジー大手Alibaba、Facebook、Tencentなどが、MariaDBと協力して、新しい課題や機会に対応できるマルチソースレプリケーション、暗号化、ポイントインタイムロールバックなどの重要な機能を開発しました。

Alibaba Cloudは、MariaDBの最大の貢献企業です。MariaDBとAlibaba Cloudの両社は、AlibabaのシステムとMariaDBとの連携を可能にするクラウドとの親和性が高いオープンソースプロジェクトのAliSQLなど、密接に協力し製品の機能を強化してきました。

「MariaDBは、エンタープライズグレードのオープンソースデータベースの標準となっています。」とAlibaba Cloudの副社長Jin Liは述べています。「わたしたちは、オープンソースコミュニティに見られる共生関係が、MariaDBのデータベース技術とクラウドプラットフォームの両方の成功に貢献し、クラウド、業務用、ハイブリッド展開のための真に革新的なソリューションを構築する機会に恵まれていると信じています。」

MariaDBのクラウドでのモビリティ強化

MariaDBのクラウドでのモビリティ強化は、クラウドアーキテクチャの普及によるところが大きく、クラウドベンダーのロックインが専用システムと同様に選択肢の幅を狭くしている懸念が高まっています。対照的に、MariaDBは展開する上でクラウドベンダーのロックインは不要であり、すべてのパブリック、プライベートまたはハイブリッドのトポロジにおいて、トランザクション、分析、およびウェブスケールのワークロードを処理するように設計されています。MariaDBのモビリティは、最高のオープンソース・データベースで顧客に比類のない柔軟性とパワーを提供します。

記録的なMariaDBの事業成長

本日の世界的な投資ニュースは、9月30日に終わった2017年度の重大な出来事に続き、記録的な事業成長を伝えています。

- 迅速な収益拡大:MariaDBは歴史的な収益をもって会計年度および第4四半期を終えました。平均的な取引規模が、最初の全社規模での入れ換えやOracle EnterpriseからMariaDBへの移行など、顧客が自社の成長分野にMariaDBを導入したときに倍増しました。

- 新たなデータベースソリューション:2017年、MariaDBは、2つの新しいデータベースソリューションの提供により、革新的な開発実績を残し続けました。トランザクションワークロード用のデータベースソリューションを備えたMariaDB TX、もうひとつは高性能分析のための最新のデータウェアハウジングソリューションであるMariaDB AXがあります。

- MariaDB ユーザカンファレンスに登場:4月、MariaDBは初めてのユーザーカンファレンスを主催し、MariaDBのビジネスユースへの急拡大を紹介しました。世界中からの数百もの顧客、パートナー、開発者の参加により、このカンファレンスは、MariaDBが企業向けにグローバルな存在感を増していることを反映していました。

汎用データベースとして、MariaDBは、クレジットカード取引や銀行の融資申し込みから、顧客の電話番号や通話の課金アプリケーション、電子商取引での在庫管理、購入、受注まで、あらゆる業界で多様なアプリケーションをサポートするために導入されてきました。あらゆるトランザクションや分析作業を満たす能力を備え 、MariaDBは世界中の企業の最も大切なアプリケーションをサポートしています。Linuxディストリビューションやクラウドプラットフォームで広く採用され、使い易さとあいまって、MariaDBは先端企業向けオープンソース・データベースの標準になりました。

その他のリソース
- www.mariadb.comをご覧ください
- Twitterで @mariadbをフォロー
- MariaDBのブログを読む (リンク »)

MariaDB Corporationについて

MariaDB Corporationは、最も急成長しているオープソース・データベース、MariaDBを支えている企業です。MariaDBは、コミュニティイノベーションでの実績や企業での採用が拡がり、最も機能的に優れたオープンソース・データベースを提供します。MariaDBは、Google、Wikipedia、Tencent、Verizon、DBS Bank、Deutsche Bank、Telefonica、Huatai Securitiesなどの企業のアプリケーションにパワーをもたらします。

MariaDBソリューションは、あらゆるインフラ(ベアメタルサーバー、仮想マシン、コンテナ、パブリックおよびプライベートクラウド)で動作するように設計され、Ubuntuを含むすべての有力なLinuxディストリビューションで利用可能であり、OpenSUSE、Manjaro、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)/ CentOS / Fedora、Arch Linux、SUSE Linux EnterpriseおよびDebianのデフォルトデータベースとなっており、世界6000万を超える開発者に使われています。

連絡先:
Iris Whitney
pr@mariadb.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]