日本映画大学が台北メディアスクールと協力協定を締結 ~学生間の交流などを推進し、教育・研究・文化の相互発展を目指す~

日本映画大学 2017年11月07日

From Digital PR Platform




日本映画大学(川崎市麻生区・学長:天願大介)は、このほど台北市政府の教育機構「台北メディアスクール」(Taipei Media School(TMS)/台北市影視音実験教育機構 校長:李遠)と教育交流に関する協力協定を締結した。




台北メディアスクール(TMS)は、台北市文化局と台北市文化基金会によって昨年創設された、高等学校相当の教育機構。高等学校の段階で本格的な映画制作をカリキュラムの中核に据えた斬新な教育機関として注目されている。

 調印式は10月19日に台北メディアスクールで実施され、日本映画大学の天願大介学長と台北メディアスクールの李遠校長との間で協定書の調印が行われた。李遠校長は小野(シャオイエ)の筆名で小説家や脚本家として有名であり、楊徳昌(エドワード・ヤン)監督の『恐怖分子』『牯嶺街少年殺人事件』、王童( ワン・トン)監督の『苦恋』『逃亡』など、台湾映画史に残る傑作の脚本を担当してきた。天願大介学長が脚本家・映画監督であることと共通する。

 同日、協定締結を記念して天願学長による講演「日本の映画産業と映画教育の現状について」が行われ、歓迎を受けた。今後は日本映画大学への学生の受け入れをはじめ、学生間の交流などを推進し、教育・研究・文化における相互の発展を目指す。

◆台北メディアスクール(TMS)日本映画大学(JIMI)間における交流協定の内容
 TMSとJIMIが相互に、社会貢献および両校の相互支援の重要性を理解し、教員、学生レベルでの交流を促進し、カリキュラム情報の共有に努めること。

・日本映画大学HP
  (リンク »)

・台北市影視音実験教育機構HP
  (リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
日本映画大学 入試・広報部
住所:〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1-16-30
TEL:TEL 044-951-2511
FAX:FAX 044-951-2681
メール:info@eiga.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]