ふるさと岡山の"学び舎"整備にご協力ください(ふるさと納税制度)

岡山県 2017年11月15日

From PR TIMES

岡山県では、ふるさと納税制度を活用し、「母校を応援したい」「頑張っている岡山の学校に何かしてあげたい」「我が子の通う学校の教育環境の整備に役立ててほしい」という方に、学校を指定して寄附をしていただける新たな仕組みを設けました。



寄附は、個人、企業などから県立学校の産業教育で使用する設備、備品などの提供を募る「現物寄附」と「金銭寄附」(ふるさと納税制度)の2パターンがあります。
[画像1: (リンク ») ]


□「金銭寄附」
個人、団体、企業などの皆様方からいただいた寄附金を基金に積み立て、各種事業を実現できる額に達した後に使用させていただきます。

≪ポイント≫
ふるさと納税とは、県や市町村に寄附をすると、寄附金額から2,000円を差し引いた金額が、所得税と住民税から軽減される制度です。(控除される金額には上限があります。)
ふるさと納税ワンストップ特例制度という条件を満たす方は「申告特例申請書」を提出することにより、「確定申告をすることなしに控除を受けることができる」特例制度もあります。
※寄附いただいた方への返礼品はございませんので、あらかじめご了承ください。
[画像2: (リンク ») ]



ICT機器の整備や図書館整備など各学校の寄附金活用プランは、次のホームページで公開しています。

▼岡山県教育委員会ホームページ(「ふるさと岡山"学び舎"環境整備事業」)
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]



□「現物寄附」
事業所の設備更新などで、使わなくなった工作機械などをお寄せください。専門高校生の実習で大切に使わせていただきます。
[画像4: (リンク ») ]


各高等学校が希望する設備などをホームページで公開しています。

▼岡山県教育委員会ホームページ(ふるさと岡山"学び舎"環境整備事業(現物寄附関係))
(リンク »)

母校の生徒や岡山の子どもたちがよりよい学習環境で充実した学校生活を過ごせるよう、より一層快適な学び舎を整備するため、みなさまの温かいご支援、ご協力をお願いします。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]