MTS Health Partners、デービッド・ロー氏がパートナーとして参加と発表

MTS Health Partners 2017年11月16日

From 共同通信PRワイヤー

MTS Health Partners、デービッド・ロー氏がパートナーとして参加と発表

AsiaNet 71047 (1824)

【ニューヨーク2017年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】ニューヨークを拠点とするヘルスケア専門の独立系投資銀行であるMTS Health Partners, L.P.(MTS)は15日、デービッド・ロー(David Low)氏がこのほどパートナーとして同社に加わったと発表した。

ロー氏は10人のパートナーで構成されるMTS指導者チームに加わり、ライフサイエンス分野に注力することになる。ロー氏は30年近くにわたるライフサイエンスに集中した投資銀行での経験をMTSにもたらす。この経験の中には世界のバイオ技術、製薬、医療機器企業向けに対するM&A、エクイティファイナンス戦略に関する助言が含まれている。

MTSパートナーのアンドリュー・ワイゼンフェルド氏は「デービッド・ロー氏は長年の友人である。ロー氏が当社に加わり、彼の広範なライフサイエンス、戦略的な助言の経験、長期にわたるクライアントとの関係、チーム・オリエンテーションなどをもたらすことを考えると興奮する。ロー氏が加わることによって、米国以外とりわけ日本でMTSを最も優れたヘルスケア専門の投資銀行フランチャイズのひとつとしてより一層、区別化し突出させ続けられる」と語った。

ロー氏はMTSに加わる前、Lazardのシニア・アドバイザーだった。Lazardでの15年間に、同社のサンフランシスコ・ライフサイエンス・チームを立ち上げリードした。同氏が手がけた重要な取引には、大日本住友製薬によるTolero Pharmaceuticals, Inc.の買収、Stallergenes, S.A.とAres Life Sciences’ Greer Laboratories Inc.の合併、Amgen Inc.のOnyx Pharmaceuticals、Inc.買収などがある。ロー氏はLazard以前、JPモルガンとリーマン・ブラザーズに勤務し、ライスサイエンス取引関係の助言を行っていた。

ロー氏はハーバード大学で学士号を取得後、ジョンズ・ホプキンス大学で国際経済学修士号、エール大学で経営学修士号を得ている。

▽MTSについて
MTS Health Partners, L.P.はヘルスケア分野を専門とする金融サービス会社で、あらゆる種類の戦略的アドバイスと資金調達サービスを提供している。MTSはニューヨーク、サンフランシスコ、サンパウロにオフィスがあり世界のクライアントに奉仕している。MTSのクライアントはヘルスケア業界のあらゆる分野にいる。MTSのパートナーは、ヘルスケア業界中心の経歴を積み、戦略的助言および金融取引での経験を備えている。詳細については以下のウェブサイトを参照。www.mtshealthpartners.com

(注意)
有価証券関連の取引は、SEC登録済みのブローカー/ディーラーでFINRAおよびSIPCの会員である当社アフィリエートのMTS SECURITIES, LLCだけが提供する。当社のアフィリエートでSEC登録済み投資アドバイザーであるMTS HEALTH INVESTORS, LLCは、プライベートエクイティ投資家に対して投資アドバイスサービスを提供している。

ソース:MTS Health Partners

▽問い合わせ先
Veronica Kennedy
MTS Health Partners, L.P.
Phone:  +1 (212) 887-2163
Kennedy@mtspartners.com


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]