クラウド時代のサーバー運用入門 > 第2回 クラウド時代の障害対応術 (2) 各コマンドの使いどころ解説

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2017年11月22日

CTC教育サービスはコラム「クラウド時代のサーバー運用入門 > 第2回 クラウド時代の障害対応術 (2) 各コマンドの使いどころ解説 」を公開しました。

###

本コラム第1回目、「第1回 クラウド時代の障害対応術 (1) コンピューターの部品をイメージしよう」では、「厳選!障害対応お役立ちツール」として、以下のコマンドの使用頻度が高いと申し上げました。

curl df dig du fuser ip last lsof nc ping ps ss telnet top vmstat w whois

今回は、上記に挙げたコマンドの実例をいくつか紹介しますので、「そのコマンドを実行したらどうなるのか」「端末に表示された内容の意味は何なのか」を意識しながら体で覚えてください。スペースの都合上、今回のコラムで上記すべてのコマンドをご紹介することはできませんが、いくつかの回に分けて網羅していきたいと思います。今回は「リモートホストの状態確認を行う」というケースを想定してみたいと思います。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。