DEGジャパンが4K Ultra HDブルーレイ市場拡大に向けたコンベンションを実施

デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン 2017年11月24日

From Digital PR Platform


映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」(以下DEG ジャパン)は、11月21日(火)に麹町の東京FMホールにて『4K Ultra HDブルーレイ コンベンション』を開催した。

(リンク »)
第1部の「4K Ultra HDブルーレイコンベンション」では、DEGジャパン会長の川合氏よりDEGジャパンの活動や成果に関する説明があり、オリンピックなどの今後の経済特需をもたらすビッグイベントなどと絡めて、日本のブルーレイ市場が、セルも含めて今後世界一になるという見通しを示した。

Gfkジャパンアナリストの合井氏は、4K Ultra HDブルーレイ市場の動向について説明し、テレビの買い替えサイクルの調査結果から、今後4Kテレビの市場が拡大し、4K Ultra HDブルーレイの市場も拡大していくと予測した。

また、DEGジャパンの久保田4K Ultra HDブルーレイ推進委員長は、「4K Ultra HDブルーレイ」の推奨表記に関して発表。日本国内で制作された最新の4K Ultra HDブルーレイ作品の5作品(「銀魂」、「復活の日4K Ultra HDブルーレイ」、「コブラ<4K Ultra HD>」、「あしたのジョー2<4K Ultra HD>」、「彩(IRODORI)にっぽん 4K HDR紀行 Vol.1」)については、各社が4K Ultra HDブルーレイ版制作によるポイントを説明した。

なお、第2部の「これから楽しむ4K Ultra HDブルーレイ鑑賞」トークショーには、AV評論家の麻倉怜士さん、映画監督の樋口真嗣さん、女優やモデルとして活躍中の堀田茜さんが登場し、実際に4K Ultra HDブルーレイとブルーレイの映像を見比べながら、4K Ultra HDブルーレイの映像美を体験しながら、魅力について語りあった。
(リンク »)

(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]