「日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業」建物名称決定 A街区:太陽生命日本橋ビル、C街区:日本橋高島屋三井ビルディング

三井不動産株式会社 2017年11月27日

From Digital PR Platform


日本橋二丁目地区市街地再開発組合は、重要文化財高島屋日本橋店を含む街区一帯において「日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業」を推進しておりますが、この度、A街区の建物名称につき「太陽生命日本橋ビル」、C街区の建物名称につき「日本橋高島屋三井ビルディング」に決定いたしました。

本事業は、重要文化財である高島屋日本橋店を事業の核と位置付けて保存活用し、日本橋の伝統と文化を受け継ぎながら、日本橋全体のさらなる賑わいの形成に大きく寄与するプロジェクトです。

約2.6haの計画地に建設される大規模複合ビル2棟は、最新のBCP性能を備えたオフィスと、高島屋日本橋店を中心とした新・都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋S.C.」と一体となった商業施設が主要用途となり、さらにそれらをつなぐ路面店舗に囲まれた賑わいの通りと共に一体的に整備されます。日本橋に訪れる多くの方々を惹きつける、魅力と活気にあふれた街づくりを目指しています。

<建物名称>
A街区
【建物名称】太陽生命日本橋ビル
【商業施設名称(基壇部)】日本橋高島屋S.C.東館(百貨店、専門店)

B街区
【建物名称】(現:高島屋日本橋店)
【商業施設名称(基壇部)】日本橋高島屋S.C.本館(百貨店、専門店)

C街区
【建物名称】日本橋高島屋三井ビルディング
【商業施設名称(基壇部)】日本橋高島屋S.C.新館(専門店)

(リンク »)

■「日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業」の主な特徴
1.優れた立地特性を活かした大規模で最先端の施設計画
(1) 「日本橋」駅 直結、「東京」駅 徒歩5分の国内外からの交通利便性に優れた立地
(2) 区域面積:約2.6ha、延床面積計:約286,475m2の大規模開発
(3) 世界的に著名な設計会社であるSkidmore, Owings & Merrill LLP (SOM)による洗練された外装デザイン
  
2.重要文化財である高島屋日本橋店を核とした賑わいの空間計画
(1) 高島屋日本橋店を核とした、周辺エリアと一体となった新たな賑わいの創出(商業施設、オープンテラス、展示施設、観光案内所等)
(2) 高島屋日本橋店の屋上を中心とした緑に囲まれたオープンテラスの整備(約6,000m2)
(3) 周辺地区や駅をつなぐ快適な歩行者回遊空間の整備(歩行者専用道路、地下通路、駅前広場等)

3.防災機能の強化と環境負荷の低減
(1) 災害時の電力確保(72時間対応の非常用発電機等)
(2) 震度7クラスの地震(建築基準法で求められている地震波の1.5倍レベル)に対して構造耐力上の安全性を確認するなどの高い耐震性能
(3) 帰宅困難者受け入れ機能の整備
(4) 環境負荷低減への取組み(CASBEE「Sランク」、PAL・ERR「段階3」)

4.日本橋ガレリア(仮称)の設置
(1) 区道284号線は都市計画により歩行者専用道路になり、道路上空には地域の象徴となる「大屋根」が設置され、ガレリア空間が誕生
(2) 区道沿線を路面店舗化して界隈性を高め、防災時の帰宅困難者の受け入れスペースとして防災機能向上にも寄与

(リンク »)
日本橋ガレリア(仮称)

(リンク »)
日本橋ガレリア(仮称)

(リンク »)
日本橋高島屋 S.C.新館


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

三井不動産株式会社の関連情報

三井不動産株式会社

三井不動産株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]