古庄親方のPHPコラム”「安定したシステム」をPHPで作るために”

鈴与シンワート株式会社 2017年11月29日

鈴与シンワートは古庄親方のPHPコラム”「安定したシステム」をPHPで作るために”を公開しました。

###
前回のお話からの続きになりますが。
Webアプリケーション(に限らないと思うのですが)を運営していると、どうしても「プログラムに修正を入れたい」ような事柄に出会う事が、低頻度とは言えない程度の頻度で発生するかと思います。
それはたとえば前回に書いたあたりですと「実はセキュリティ上問題がある状況が発覚した」であったり、或いはそれ以外に「現在の機能を修正したい」や「新規機能を追加したい」であったり、「性能的に改良が必要」であったり。
或いはごくまれには「法律上、対応をしなければならなくなった(例:法改正)」といった状況もあるか、と思います。
そうして、そういった時にどうするのか、というお話が今回の発端となります。
もちろん経営レイヤーとしては「プログラムに修正を加えろ」となるのですが、現場レベルで考えますと、コードの状態によって「気軽に作業が出来るもの」から「奇跡に近い何かを祈りながら作業をするか」まで、幾分のグラデーションがあるように見受けられます。

ちなみに。
個人的にですが、後者のような「修正が難しい」コードを、時々「ジェンガのようだ」と呼称します。
ジェンガのようなコードは、「初めの頃はそれでもまだ修正が可能」なのですが、場当たりな修正を繰り返していくうちに「どうやっても崩れ落ちる」ような状態に悪化していくのが、大変にジェンガと似通っているように思われます。
そういった「触るのがためらわれるようなコード」ですと、それが傍目には「ちょっとした修正であるように思われる」変更においてでさえ「拒否する」「法外ともいえるコスト(時間や費用)を要求してくる」といった状況が発生し、現場層と経営層の間で、大きな齟齬と乖離を生む原因になるのではないか、と思われます。

ちなみに、ジェンガをご存じない方は、是非一度ネットで調べてみてください。
ゲームとしては大変に「楽しい」ゲームですので。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

鈴与シンワート株式会社の関連情報

鈴与シンワート株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]