トライポッドワークスが業務用車両向けIoTサービス「BLUE-Connect」を提供

トライポッドワークス株式会社 2017年12月07日

トライポッドワークス株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:佐々木 賢一、以下トライポッド)は、2018 年1 月より業務用車両向けIoT プラットフォーム「BLUE-Connect(ブルーコネクト)」の提供を開始します。

「BLUE-Connect」は、トラックやバス、タクシーなど業務に使用する車両の管理をサポートするテレマティクスサービスを提供するプラットフォームで、トライポッドが2017年4月から販売を開始しているタイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)製品「BLUE-Sensor(ブルーセンサー)」によるタイヤ空気圧やタイヤ温度データに加え、スマートフォンに標準搭載されている各種センサーによって得られる「車両の位置情報」、「進行方向」、「高度」、「速度」、「気圧」、「走行距離」(特許申請中)などのデータを統合的に管理できるクラウドサービスです。

BLUE-Connectは、Bluetooth対応のセンサー、BC-Gateway(BLUE-Connect Gateway:ブルーコネクトゲートウェイ)、BC-Cloud(BLUE-Connect Cloud:ブルーコネクトクラウド)から構成されています。この内、BC-Gatewayは「BLUE-Connect Gateway」アプリをインストールしたスマートフォンを活用できるため、新たな機器を導入せずに各種センサーとクラウドとを繋ぐことができ、また、スマートフォン自体のセンサーデータを同期した形でクラウドへ転送することが可能です。

さらに、クラウド上のデータは複数車両のリアルタイムでの状態監視が可能なダッシュボード画面にて管理され、各事業者の管理担当者の車両整備や安全運行業務の「見える化」を実現します。

また、今後、対応センサーの種類を増やし、積載物の管理やドライバーの健康管理など、事業者用車両を保有する企業の多様な課題に即したサービスの拡充を予定しております。
トライポッドは、本日より法人向けの先行申込受付を開始し、来年1月以降よりサービス提供を正式に開始する予定です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライポッドワークス株式会社の関連情報

トライポッドワークス株式会社

トライポッドワークス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]