元箱根駅伝ランナーが起業した「ラントリップ」、株式投資型クラウドファンディングで資金調達を開始

ラントリップ 2017年12月08日

From PR TIMES

~スポーツベンチャーでは国内初!~

株式会社ラントリップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大森 英一郎・以下ラントリップ)は、2020 年に向けスポーツツーリズムの気運が高まる中、事業拡大のため 2017 年 12 月 8 日より株式投資型クラウドファンディングを通じて資金調達を開始します。株式投資型クラウドファンディングを活用しての資金調達は、スポーツベンチャー業界ではラントリップが国内初となります。ラントリップは個人とスタートアップが共に、ビジョンの実現に向けて繋がりあえる世界を目指します。



[画像: (リンク ») ]

■ Runtrip 株式投資型クラウドファンディングページ : (リンク »)

■ 株式投資型クラウドファンディングの概要
ラントリップは、ランニングを「楽しいアクティビティ」に変え、世界中の道を「地域資源」に変えることを目指し、ランナー向けのWebサービスやアプリの提供を行っています。2020 年に向けて事業をさらに拡大するため、株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」を通じて3,000 万円の資金調達を行います。「エメラダ・エクイティ」では条件をクリアした方であれば誰でも 未上場企業への出資ができます。(詳細はこちらをご覧ください: (リンク ») )

■ Runtrip Founders(ラントリップ・ファウンダーズ)について
ラントリップでは、弊社が理想として描いている未来に共感していただける、熱量の高い個人の支援者を「Runtrip Founders( (リンク ») ) 」 と呼んでいます。本支援者には、事業運営への積極的な参加機会や、キャピタルゲインを得る機会など、以下 5つの権利が提供されます。

Founders Lounge 参加権:Founders 限定の Facebook グループにご招待します。運営チームへのフィードバックやアドバ イスが可能になり、Runtrip の事業運営に積極的に参加いただけます。
Founders Meetup 参加権:事業報告会を兼ねた Founders 限定イベントを定期的に開催致します。運営チームとの直接的な コミュニケーションに加えて、全国の Founder たちとリアルな接点を持てます。
Runtrip via 招待枠:全国で開催されるファンランイベント「Runtrip via」への、ご招待枠の提供を予定しています。
Runtrip Store 商品企画参画権: 今後、商品ラインナップ拡充予定の Runtrip Store で取り扱う新商品の開発に対し、企画時に意 見が言える機会と先行予約機会を提供いたします。
キャピタルゲインを得る機会: Runtrip カルチャーの普及と同時に事業としての成長を目指し、Founders の皆様がキャピタル ゲインを得られる機会をご提供できるよう最大限の努力をいたします。今回はエメラダ・エクイ ティを通じて行います。


■ 株式投資型クラウドファンディングを利用した背景
株式投資型クラウドファンディングは資金調達の手段として海外では主流ですが、日本ではまだ前例 が多くありません。従来の購入型クラウドファンディングは、プロジェクト成功のリターンとして商 品やサービスが提供されるといった短期的な支援が中心です。一方、株式投資型クラウドファンディ ングは、IPOもしくは M&Aをした場合に投資家がリターンを得られるため、長期的に企業と出資者 の関係が続きます。

代表の大森は元箱根駅伝ランナーです。競技人生を通じて、継続的な声援が成果を生み出す力になる と実感しています。そうした経験から、本事業についても個人投資家が継続的に事業に関与できる本手法を採用しました。ラントリップは、スポーツベンチャー初の投資型クラウドファンディングの実 施を通じて、個人投資家とスタートアップがビジョンを共有・実現するエコシステムを牽引していき ます。

■ クラウドファンディング参加方法
株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」( (リンク ») ) をご覧ください。12月8日20 : 00より参加可能となります。


■ 株式会社ラントリップについて
本社所在地:東京都渋谷区桜丘町 4-15 ホワイトヒル渋谷 405
代表者:代表取締役 大森英一郎
設立:2015 年 5 月 15 日
事業内容:情報通信業
URL: (リンク »)

サーファーがいい波を求めて旅をする「サーフトリップ」のように、ランナーがいい道を求めて旅をする「ラントリップ」というカルチャーを普及させることで、ランニングを「アクティビティ」に変え、世界中の道を「地域資源」に変えることをビジョンとしています。2020 年に向けてスポーツツーリズムの気運が高まる中、ランナーに新たな移動の目的を提供し、健康促進と地方創生に貢献してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]