企業のスポンサーシップを獲得できるヘルスケアアプリ『SPOBY』を発表

株式会社CUVEYES 2017年12月18日

From 共同通信PRワイヤー

2017年12月12日

株式会社CUVEYES (リンク »)

運動量に応じて、企業のスポンサーシップを獲得できるヘルスケアアプリ「SPOBY」 (リンク ») を近日中にリリース。花王、キットカット、JINS、
ティップネス、東急電鉄、マニュライフ生命など
大手企業や有名ブランドが導入決定

株式会社 CUVEYES(キューヴアイズ)(本社:東京都港区 代表取締役 宮武拓也/夏目恭行)は、近日中にスマートフォンを対象としたヘルスケアアプリ「SPOBY」( (リンク ») ) (リンク ») をリリースすることをお知らせします。リリースに先立ちまして、花王、キットカット、JINS、ティップネス、東急電鉄、マニュライフ生命など大手企業様や有名ブランドに導入を決定いただいております。

<背景>
医療費が42兆円を超えた昨今、一次予防(未病)の重要性がますます高まっています。そこで、一般生活者の運動を促進しながら、健康課題と企業や地方行政の経営課題の両方を解決し、社会課題である医療費削減を目指したサービスとして、「SPOBY」 (リンク ») をリリースします。

<SPOBY (リンク »)
ユーザーは歩いたり走ったりすることで、企業のスポンサーシップを獲得することができます。
スポンサーシップを獲得するとスポンサーから健康生活を支援するリワードが提供されるため、運動に対して価値が生まれていくことになります。歩数の計測は、アプリを立ち上げておかなくても、スマートフォンを携帯するだけで自動的に行われます。また、ユーザーは、スポンサーシップの成立時に生成されるニュース(例:「山田太郎さん、 国内大手企業の◯◯とスポンサーシップ獲得」)を SNS で友人などに知らせることができます。ニュース画面には、ユーザー自身が独自のコメントを追加できるため、企業にとっては、「製品やサービスの情報や感想」が拡散するというメリットがあります。さらに企業は、所定の歩行数を達成したユーザーに対し、スポンサーシップとして製品サンプルやサービスを提供することによって、ダイレクトマーケティングにおける新規顧客獲得、イベントや店舗への誘導ならびにその後の囲い込みへの寄与が期待できます。お問い合わせ先:contact@spoby.jp mailto:contact@spoby.jp



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]