ページネーションとkaminariについて

株式会社Dive into Code 2018年01月24日

国内トップクラスのRuby、RailsスクールのDIVE INTO CODEが技術解説「ページネーションとkaminariについて」を公開しました。

###

◆ページネーションとkaminari

今回の記事では、Railsでページネーション処理を簡単に実装できる kaminari と呼ばれるgemとその使い方についてご紹介していきます。

ページネーションとは大量の情報を分割し、それぞれのページへ遷移しやすくするためのリンクのことです。

(リンク »)

ページネーションをすることで、以下3点のメリットが存在します。
•今自分がどのあたりのページを見ているかがわかる
•どのくらいの情報量があるかを一目で確認できる
•検索エンジンがクローリングしやすくなり、SEO対策につながる

これを実現するためのgemが kaminari なのです。
試しに、何か適当なrailsアプリを用意して bundle install で kaminari を入れてみましょう。
# Gemfile
gem 'kaminari'

インストールした後は、kaminari用のデータを用意すると試しやすいでしょう。
ここでは例として  blog を用意し、100件のシードデータを入れています。

(コンソール)

rails g scaffold Blog title content

(app/db/seeds.rb)



100.times do |i|
Blog.create!(
title: "#{i}番目のブログ",
content: "#{i}番目のブログの内容"
)
end

詳しくは下段で説明します。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Dive into Codeの関連情報

株式会社Dive into Code

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。