シオンの友博物館がホワイトハウスの式典でトランプ大統領に賞を授与

シオンの友博物館 2017年12月15日

From 共同通信PRワイヤー

シオンの友博物館がホワイトハウスの式典でトランプ大統領に賞を授与

AsiaNet 71546

ワシントン(米国)、2017年12月13日/PRニュースワイヤー/ --

ドナルド・トランプ大統領は、エルサレムにあるシオンの友博物館(Friends of Zion Museum)創設者のマイク・エバンス博士からシオンの友賞(Friends of Zion Award)を授与されました。

    (写真:
(リンク ») )

この行事にはペンス副大統領、上級顧問のジャレッド・クシュナーとイヴァンカ・トランプ、そして世界の1億5000万人のクリスチャンを代表する宗教指導者たちが出席しました。

式典でエバンス博士は、「歴史上イスラエル国やユダヤ人とこのような同盟関係を築いた大統領はおらず、国際舞台であなたのように勇気をもってイスラエル国を擁護した大統領もいません。エルサレムに対するトランプ大統領の歴史的認識は、1948年のイスラエル国建国以降初めて前進を果たしたアメリカ大統領という立場を確かなものにすることでしょう」と宣言しました。

エルサレムに関するトランプ大統領の歴史的宣言は、バルフォア宣言(Balfour Declaration)からトルーマン大統領によるイスラエルの国際社会への受け入れという、イスラエルの歴史の節目の一つとなります。エルサレムのシオンの友博物館に展示されているこれらの英雄たちは、ユダヤ人を支え、イスラエル国の建国を支援した歴史上の人物たちの物語を語っています。これらユダヤ人ではないシオニストたちは歴史に刻まれ、エバンス博士とシオンの友博物館の画期的な功績により世界中の数百万の人々が彼らの英雄的行為を知ることとなりました。

シオンの友賞はジョージ・W・ブッシュ大統領、モナコのアルベール2世、ブルガリア第4代大統領のロセン・プレヴネリエフなど、世界のリーダーたちに授与されました。エバンス博士はイスラエル国とユダヤ人に対する勇気ある支援を称え、イスラエル第9代大統領で元シオンの友博物館議長を務めた故シモン・ペレス大統領と共にこれらの賞を授与しました。

シオンの友博物館ヘリテージセンター(Friends of Zion Heritage Center)は、イスラエル国の柱を強固にする一方で、世界に影響を与えイスラエルの国際関係を強化する、国内の中心的機関の一つとなりました。世界3100万人を超える会員に加え、同博物館はデイビッド・フリードマン米国大使をはじめとする100人以上の外交官、リブリン大統領、数万人のクリスチャンとユダヤ人のリーダー、NBAやNFLのスーパースター、一流のハリウッド俳優、歌手らをもてなし、エルサレムで必見の場所になりました。

シオンの友博物館
エルサレム、ヨセフ・リブリン通り20
(Friends of Zion Museum, 20 Yosef Rivlin Street, Jerusalem)

来館には予約をお薦めします。ウェブサイト: (リンク »)
電子メール: reservations@fozhc.com, または電話: +972-2-532-9400。


アメリカを拠点とするメディアのお問い合わせは、
電子メール: johnnie@thekcompany.coまで;

イスラエルを拠点とするメディアのお問い合わせは、
電子メール:hofit@pr360.co.ilまで。


情報源:シオンの友博物館


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]