平成29年度第2回CFP資格審査試験 合格者発表!

特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 2017年12月20日

From 共同通信PRワイヤー

2017年12月20日

NPO法人日本FP協会 (リンク »)

日本FP協会実施
平成29年度第2回CFP資格審査試験の合格者発表!!
544名のCFP試験合格者が新たに誕生

日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)は、本日、平成29年11月12日・19日に、全国15地区で実施された平成29年度第2回CFP資格審査試験(以下、本試験)の合格発表を行いました。

本試験の受験申込者数は10,333名、受験者数は8,513名でした。そのうち、本試験で全6課目合格となった方は544名で、受験者総数(8,513名)に対する全課目の合格者(544名)の輩出率は6.4%でした。
本試験の合格状況や合格者の属性データは下記画像をご覧ください。
【画像: (リンク ») 】

本試験の合格者は、今後、CFPエントリー研修を受講修了し、かつ3年の実務経験要件を申請し、登録することでファイナンシャル・プランナーの上級資格であるCFP資格を取得することができます(CFP資格の詳細はリリースをご覧ください)。

また、本試験の受験申込者(10,333名)の業態割合は、証券会社27%、保険会社・保険代理店22%、銀行・信金等19%、一般の事業会社・協同組合が10%、FP事務所・士業事務所が7%、不動産・住宅が4%、官公庁・学生・主婦・その他が11%となっており、金融機関に勤務する方以外でも多くの方がCFP試験合格を目指しています。

CFP資格審査試験は、ライフプランニング・リタイアメントプランニング、金融資産運用設計など、計6課目に合格する必要がありますが、1課目ずつ受験し合格することができるため、FPに必要な各分野の専門的で高度な知識について、受験者のキャリアプラン等にあわせて、計画的に習得することができる試験となっています(試験概要等はリリースをご覧ください)。

日本FP協会では、CFP資格審査試験を年2回(6月・11月)実施しており、次回の試験は、平成30年6月10日・17日(ともに日曜日)に実施予定です。

※CFP資格は、サーティファイド ファイナンシャル プランナー資格の略称で、1972年に米国で創設されたファイナンシャル・プランナー資格であり、世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できることの証明です。
また、日本では、近年、金融機関をはじめとしてCFP資格に高い評価をいただいており、就職・転職等においても、有用な資格のひとつとなっています。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]