12月1日時点での大学生の就職内定率は94.8% リクルートキャリア【確報版】「2017年12月1日時点 内定状況」就職プロセス調査(2018年卒)発表!

株式会社リクルートキャリア 2017年12月22日

From Digital PR Platform


(リンク »)

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:岡崎仁美)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。
このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

▼詳細はこちらからご確認ください
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■「就職内定状況」について
――――――――――――――――――――
12月1日時点での大学生の就職内定率は94.8%
前年同月の93.6%と比べて1.2ポイント高い ※大学院生除く

●12月1日時点での就職志望者のうち、就職内定率は94.8%と、10月1日時点の92.1%と比べて2.7ポイント高かった。また、前年同月の93.6%と比べて1.2ポイント高かった。

※算出方法は、こちらの3ページをご確認ください
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■「2018年卒学生から、2019年卒学生へのアドバイス」について
――――――――――――――――――――
採用広報活動解禁までに、力を入れて実施すべき活動について
「とてもそう思う」と回答した割合が最も高いのは「大学の単位を取る」で79.7% ※大学院生除く

●12月1日時点での就職志望者に、2019年卒学生へのアドバイスとして、企業の採用広報活動解禁(2018年3月1日)までに、力を入れて実施すべき活動について聞いたところ、「とてもそう思う」と回答した割合が最も高いのは、「大学の単位を取る」で79.7%であった。

※用語の定義は、こちらの3ページをご確認ください
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■調査概要
――――――――――――――――――――
調査目的:大学生・大学院生における就職活動の実態を把握する
調査方法:インターネット調査
調査対象:2018年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2018』(※)にて2016年11月15日~11月28日、2017年1月12日~1月23日、1月26日~2月6日、3月24日~4月6日、5月25日~5月30日、6月7日~6月12日に調査モニターを募集し、モニターに登録した学生5,952人(内訳:大学生4,870人/大学院生1,082人)
※リクナビ:株式会社リクルートキャリアが運営している、就職活動を支援するサイト  (リンク »)
調査期間:2017年12月1日~12月6日
集計対象:大学生 1,435人/大学院生 559人

※大学生については、性別、専攻、所属大学の設置主体をもとに、実際の母集団の構成比に近づけるよう、文部科学省「学校基本調査」の数値を参照し、ウェイトバック集計を行っている

▼詳細はこちらからご確認ください
各率の算出方法は、こちらの3ページをご確認ください
(リンク »)

▼就職みらい研究所について
(リンク »)

▼リクルートキャリアについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リクルートキャリアの関連情報

株式会社リクルートキャリア

株式会社リクルートキャリアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]