AOI TYO Holdings、スパイラル・ベンチャーズ「アジア事業創造ファンド1号」に出資

AOI TYO Holdings株式会社 2018年01月15日

From PR TIMES



国内最大規模のテレビCM制作事業を柱に広告・映像分野の幅広いクリエイティブサービスを手掛けるAOI TYO Holdings株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中江康人、東証一部:3975、以下AOI TYO Holdings)は、アジア市場における事業の拡大を目的に、SPIRAL VENTURES ASIA FUND I「アジア事業創造ファンド1号」に対して500万USドルの出資を実施いたしました。
[画像: (リンク ») ]

運用会社のSpiral Ventures Pte. Ltd. (本社:シンガポール、代表者:堀口雄二)は、2013年2月の設立以降、東南アジアを拠点に、グローバルかつ多様なバックグラウンドをもつ人材体制のもと、シンガポール金融管理局(MONETARY AUTHORITY OF SINGAPORE)よりREGISTERED FUND MANAGEMENT COMPANY(ファンド運用会社)のライセンスを取得するなど、厳しいリスクマネジメント、コンプライアンス遵守の中で投資活動を行っています。高い経済成長率目標を掲げる東南アジアやインドの、アーリーからグロースステージの新興企業を主な投資対象とし、経営アドバイスのほか、日本企業とのビジネスマッチング機会の提供や、日本での事業展開および事業立ち上げを支援するなど、投資先の企業価値向上を目指しています。

AOI TYO Holdingsは、本出資をソリューション事業(※)および海外事業の成長戦略のひとつとして位置付けており、成長可能性の高いアジアのベンチャー企業と早期の段階で関係性を築き、投資先との協業体制を構築することにより、さらなる海外市場の拡大を目指します。また、その過程においてAOI TYO Holdingsグループが持つ広告・映像制作分野のノウハウを活かした事業展開も見込んでいます。

(※) ソリューション事業:国内広告映像制作で培った技術、知見、リソースを活用し、VR/AR/MRを含むあらゆるコンテンツ制作のほか、データの収集・分析、データ分析を反映させたストーリーの設計を行い、顧客の問題解決のための施策を提供する事業


SPIRAL VENTURES ASIA FUND I「アジア事業創造ファンド1号」概要
【ファンド名称】 Spiral Ventures Asia Fund I (アジア事業創造ファンド1号)
【ファンドの形態】 米ドル建てケイマン諸島籍
【ジェネラルパートナー】 Spiral Ventures Asia Ltd.
【投資運用会社】 Spiral Ventures Pte. Ltd.
【組合員】 日本、シンガポール域内の事業会社、機関投資家など
【投資対象】 主に東南アジア、インドのアーリー~グロースステージのIT企業


AOI TYO Holdings株式会社

[表1: (リンク ») ]



Spiral Ventures Pte. Ltd.

[表2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]