編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「SocialDog公式Twitterアカウント運用フルサポートプラン」をリリース

株式会社 ティ・エー・シー企画

From: PR TIMES

2018-01-16 16:01

企業のTwitterアカウント運用担当者向けに、4万アカウントの知見を生かしたサポートサービスを開始

株式会社ティ・エー・シー企画は、このたびTwitter運用サービス「SocialDog」を運営する株式会社AutoScaleと共同で、新サービス「SocialDog公式Twitterアカウント運用フルサポートプラン」をリリースいたします。



近年TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSアカウントを運用する企業が非常に増えてきております。SNSアカウントで消費者と企業が近しい関係を持てる反面、その運用に悩んでいる企業やマーケティングに活かせられていない企業も非常に増えております。

そこでこの度、登録数4万アカウントを超える日本随一のTwitter運用サービス「SocialDog」を運営する株式会社AutoScaleと、近年SNSマーケティングなどの提案力を強化しているクリエイティブエージェンシー株式会社ティ・エー・シー企画は、2社間で販売委託契約を締結し、新サービス「SocialDog公式Twitterアカウント運用フルサポートプラン」をリリースいたします。

[画像: (リンク ») ]



【サービス概要】
●サービス名  :SocialDog公式Twitterアカウント運用フルサポートプラン
●サービス提供先:企業Twitterアカウント
●開始時期   :2018年1月16日より
●サービス内容 :Twitterアカウント運用に必要な業務をパッケージ
 ➢Twitterアカウント戦略立案やKPI設定
 ➢投稿コンテンツの企画やクリエイティブ制作
 ➢Twitterアカウントでの投稿やユーザー対応代行
 ➢SocialDogを活用したレポーティング業務や改善提案、など
●提供金額   :月額50万円~(税抜き)
●サービスURL : (リンク »)
●問い合わせ先 :株式会社ティ・エー・シー企画 マーケティング事業部(担当:須田)
socialdog@tac.co.jp

今回の新サービスリリースにより、SocialDogを活用したより高度なTwitterアカウント運用レポーティングサービスの充実を図り、より多くのTwitterアカウントの課題解決を目指してまいります。また、近年増えているTwitterアカウントのグローバルマーケティング展開に向け、多言語対応を実現し、Twitterアカウント運用サービスのさらなる発展に向け取り組んでまいります。

■SocialDogとは?
SocialDog (ソーシャルドッグ)は、使いやすいフォロワー管理、ソーシャルリスニング、一括DM、投稿管理などの機能で、Twitter アカウント運用を強力にサポートするTwitter アカウント運用ツールです。
2016年6月のリリース以来、さまざまな業界の4万アカウント以上のお客様にご利用いただいています。
サービスURL: (リンク »)

株式会社 AutoScale
〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-25-5-3B
代表取締役 小西 将史
(リンク »)

株式会社ティ・エー・シー企画
〒105-0013
東京都港区浜松町1-10-14 住友東新橋ビル3号館5階
代表取締役 田中 一朗
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]