シンプルに使える全ポートギガビット対応スイッチングハブ 24ポートモデル『FXG-24IM5』を発売

プラネックスコミュニケーションズ株式会社 2018年01月17日

From DreamNews


プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、全ポートギガビット対応電源内蔵型スイッチングハブの24ポートモデル『FXG-24IM5』を1月25日より発売致します。
本製品は、機能を絞ることで余計なパケット送信を抑制したほか、電源内蔵、放熱性の高いメタルボディを用いたファンレス設計とシンプルに使える全ポートギガビット対応のスイッチングハブです。通信の転送効率を高めるジャンボフレームにも対応していますので、快適なギガビットネットワークを構築できます。


---------------------------------------------------------------------------------
◇Giga対応 24ポート 電源内蔵スイッチングハブ(メタル筐体)
製品型番:FXG-24IM5
JANコード:4941250195664
参考価格:オープンプライス
---------------------------------------------------------------------------------


□□主な特長□□
■ジャンボフレームで高速転送を実現
一度に転送するパケットを通常の1,518バイトから最大9,216バイトまで対応する事で、通信効率を高めます。これにより、大容量のデータ転送をスムーズに行なうことが可能です。


■全ポートがギガビット対応
すべてのポートが1,000Mbps(1Gbps)に対応しています。SOHOなどでの業務用途はもちろん、ホームユースとしても動画や画像などの大容量マルチメディアデータを扱う機会が増えているため、ネットワークの高速化によるメリットを享受することができます。
もちろん10BASE-T/100BASE-TXにも対応しているので既存のネットワークへスムーズな導入が可能です。


■EEE(Energy Efficient Ethernet)準拠
有線LANの使用状況にあわせて消費電力を調整する、『EEE(Energy Efficient Ethernet)』に準拠。未使用ポートへの供給電力を制限する『LPI』機能と通信量によって伝送速度を調整しチップの消費電力を抑える『RPS』機能により、使用状況に応じて消費電力を自動で調整しますので意識することなく無駄な電力消費を抑えることができます。


■フローコントロール機能
高い通信効率を実現するフローコントロール機能(全二重通信時:IEEE802.3x/半二重通信時:バックプレッシャー)に対応しています。

■電源内蔵モデル
電源回路を本体に内蔵。ACアダプタを接続する必要がないので、コンセント周りをすっきりさせることができます。

■全ポート Auto MDI/MDI-X
すべてのポートがAuto MDI/MDI-X機能を搭載。接続されたケーブルのストレート/クロスの種別を自動判別するので、結線ミスによる配線トラブルを未然に防ぎます。

■ファンレス設計のメタル筐体
放熱性の高いメタルボディの筐体を採用。更に発熱を抑える設計により内部ファンを省くことで、高い静音性と耐久性を実現いたしました。

■19インチラックへ取り付け可能
19インチラック用マウントキットが付属していますので、ラックへの取り付けが可能です。

■RoHS対応
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。




≪製品情報ページ≫
(リンク »)




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

プラネックスコミュニケーションズ株式会社

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]