シンクロンのクラウドベース保守部品在庫最適化ソリューションを日立ハイテクノロジーズが採用

装置の稼働時間を向上する優れたサービス提供で、より良い顧客体験を実現

シンクロン・ジャパン株式会社 2018年01月18日

2018年1月18日 東京
アフターマーケット(保守ビジネス)の最適化ソリューションプロバイダであるシンクロン・インターナショナルAB(本社:スウェーデン ストックホルム、CEO:アンダース・グルーデン、日本法人:シンクロン・ ジャパン株式会社、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:落合 克人、以下 シンクロン)は本日、シンクロンのクラウドベース保守部品在庫最適化ソリューションである 「Syncron Inventory(TM)」と、 データ統合管理ソリューションである「Syncron MasterDataTM」 を、株式会社日立ハイテクノロジーズ(本社:東京都港区、執行役社長:宮﨑 正啓、以下 日立ハイテク)が採用したことを発表しました。

シンクロン製品の特徴である容易な操作性や高い投資対効果が、保守部品管理の見える化と効率化によってグローバルでの納期遵守率を向上しつつ、顧客満足度向上と在庫適正化をめざす日立ハイテクのサービス・ソリューション事業推進本部により高く評価されました。

シンクロン グローバルセールス統括のヨハン・ステークバーグ(Johan Stakeberg)は、次のように述べています。
「今日の最も先進的な企業は、製品のアップタイムを最大化することが、重要な差別化要因、売上促進の鍵となることを認識しています。この度、日立ハイテク様をシンクロンのお客様にお迎えできたことを非常に嬉しく思います。プロジェクトを共に進めさせていただく中で、迅速かつ信頼性の高い保守サービスの実現により、日立ハイテクの お客様の顧客体験を向上するだけでなく、日立ハイテク様の売上や収益向上にも貢献できることを期待しています」


【プレスリリースに関するお問い合せ先】
シンクロン・ジャパン株式会社
Email: info.jp@syncron.com

用語解説

今回、日立ハイテクに採用されたシンクロンのソリューション

Syncron Inventory
・需要予測 : 保守部品に特化した予測アルゴリズム
・在庫最適化: 各階層に応じた在庫ポリシー設定
・グローバル計画: グローバル多階層での在庫最適配置
・分析・モニタリング: マネージメントダッシュボード

Syncron MasterData
・データ統合管理
・管理対象: 顧客マスター、部品マスター、サプライヤーマスター

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シンクロン・ジャパン株式会社の関連情報

シンクロン・ジャパン株式会社

シンクロン・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]