「ERP千里眼」第09回「RPAを活用して既存のERPの課題を解決しませんか?」

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT 2018年03月12日

日商エレクトロニクスで吉政忠志氏による「ERP千里眼」第09回「RPAを活用して既存のERPの課題を解決しませんか?」が公開されました。

###
ERPの機能を究極まで突き詰めていけば、以上処理を除き、決められたルールで処理されて行くことが望ましく、出来れば人手を介さずに処理が健全に進められていることが良いと思われます。

また、データ入力も他のシステムとEAIで接続され、ERPに対して処理のみならず入力すらも人を介さずに進めていくのが好ましいです。この流れは、人がどうしても介在しなければいけないことを除き、自動処理が進められ、異常値が検出されたときだけ、人が判断するというのがあるべき姿だと思います。

これを実現する可能性を秘めているのがRPAだと考えています。このように書くと、まさに「コンピューターが人の仕事を奪う」ような感じに聞こえるかも知れませんが、これこそがミスのない迅速な処理による、コストパフォーマンスが高い、統合型基幹システムのリアルタイム処理が実現できるため、経営面では恩恵が大きいです。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]