グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第34回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート3)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2018年03月30日

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第34回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート3) 」を公開しました。

###

はじめに
 前回に引き続き、2015年に公開された論文「Large-scale cluster management at Google with Borg」をもとにして、Googleのクラスター管理システム「Borg」を紹介します。今回は、Borgの利用効率に関するいつくかの統計データ、そして、複数のワークロードを共通のクラスター(セル)で効率的に並列実行するために必要となる、リソース分割の機能について説明します。

Borgにおけるサーバーの利用効率
 前回の記事でも触れたように、サーバーの利用効率を高めること、すなわち、より少数のサーバーでより多くのタスクを実行することが、タスクスケジューリングの1つの目標となります。Googleの社内で利用されるBorgの環境では、前回説明したタスクスケジューラーの機能だけではなく、次のような利用方法を採用することで、利用効率をさらに高めることに成功しています。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。