インフォマティカ、Adobe Cloud Platform対応の新しいコネクタを発表

マーケター向けにデータへのアクセスを加速し デジタルエクスペリエンスを促進するインサイトを提供

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2018年04月05日

• 「Adobe Cloud Platform」および「Experience Data Model」に対応した、初のサードパーティコネクタ
として、効果的なデータ統合およびマーケティングキャンペーンのインサイトを提供
• 顧客体験型ビジネスに関するデータのロードおよびマージを加速し、より優れたカスタマーエンゲージメントを実現
• Adobeとの長年にわたるパートナーシップに基づき、今日のデータ主導型マーケターに影響力のある
インサイトを提供

インフォマティカ(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)は本日、「Experience Data Model」(以下、XDM)をネイティブでサポートする「Adobe Cloud Platform」コネクタを発表しました。このコネクタは、インフォマティカのクラウドデータ管理機能を活用することで「Adobe Cloud Platform」と他のアプリケーションの統合を容易にし、マーケターによるビジネスデータへのアクセスを加速します。これは、サードパーティとしては初めての「Adobe Cloud Platform」向けデータ統合コネクタです。

「Informatica Intelligent Cloud Services」(IICS)には、オンプレミスとクラウドソースへの多様な接続機能があらかじめ組み込まれているため、ユーザーは「Adobe Cloud Platform」とデータの統合を簡単に行うことができるようになります。ハイブリッドやマルチクラウドデータ戦略を展開しているお客様は、必要とする統合を推進し、より効果的なデータ主導型マーケティングを実現するため、業界をリードする、独立型統合データ管理ソリューションを必要としています。

インフォマティカの「Informatica Connector for Adobe Cloud Platform」を活用することで、お客様はアカウント、プロフィール、イベント、製品、消費者行動をはじめとした顧客体験型ビジネスに関するデータを、「Adobe Cloud Platform」の標準データモデルであるXDMにロード、変換、マージする工程を加速することができます。また、オンプレミスとクラウドの両方で、XDMで示されたデータを読み取り、他のアプリケーションと同期することが可能です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インフォマティカ・ジャパン株式会社の関連情報

インフォマティカ・ジャパン株式会社

インフォマティカ・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]