編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

株式会社セシオス、SaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」がSCIM2.0に対応

株式会社セシオス

2018-04-20 14:00

株式会社セシオス(東京都豊島区、代表取締役 関口 薫)は、SaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」がSCIM(System for Cross-domain Identity Management)2.0に対応したことをお知らせします。

SCIMはRESTfulなAPIでID情報を操作する標準技術仕様です。ディレクトリィサーバや様々なクラウドサービスが備えている機能で、製品、サービスごとに実装され、互換性がなかったプロビジョニングAPIに対して統一的に操作ができるようになりました。

今回、SeciossLinkでは標準で備えていた「Provisioning API」をSCIM2.0に対応し、更に、SCIM2.0に対応した製品やサービスに対してID情報、グループ情報をプロビジョニング(SCIM APIへのID同期機能)することが可能になりました。

SCIM APIへのID同期機能は、SeciossLinkの「統合ID管理」機能の一部となるため、「Enterpriseライセンス」を既にお持ちのお客様は追加費用なしでご利用いただけます。

<お問い合わせ先>
株式会社セシオス
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-13-10 南池袋山本ビル 3F
URL: (リンク »)
Email: sales@secioss.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

SeciossLink SCIM2.0対応

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]