「中国のAI大国へのロードマップ2030」と題して、富士通総研 趙氏によるセミナーを2018年6月15日(金)SSKセミナールームにて開催!!

株式会社 新社会システム総合研究所 2018年04月24日

From PR TIMES

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2018年6月15日(金)にSSKセミナールーム(東京都港区)にて下記セミナーを開催します。

【勃興する中国のデジタル経済】
中国のAI大国へのロードマップ2030
~AIエコシステムの育成と主要企業の最新動向~
と題して、富士通総研 経済研究所 趙イーリン氏をお迎えし、政府や、大手企業、ベンチャー企業など重要なプレーヤーの動向を中心に、AI大国を目指す中国の全体像とロードマップを明らかにします。2018年6月15日(金)SSKセミナールームにて開催!!



セミナー詳細
(リンク »)

[講 師]
株式会社富士通総研 経済研究所 上級研究員 趙 イーリン 氏

[日 時]
2018年6月15日(金) 午後1時~3時

[会 場]
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F

[重点講義内容]
中国では人工知能(AI)に関する議論が急増しており、
中国が「イノベーション国家」を実現するための一つの
取り組みとして、AIを積極的に推し進めようとしている。
昨年の夏に中国政府がAIの発展を促進する「次世代AI
発展計画」を打ち出し、2030年までにAI技術の向上や
関連産業の規模拡大などの目標を掲げた。一方、2017年
に中国のAIベンチャーへの投資額が初めて米国を抜いて
世界トップになった。AI関連領域への投資、研究・開発が
盛んに行われ、AIのビジネス化が図られている。政策促進
をはじめ、人材、資金、開発など様々な側面から米国を
追いかけようとしている。
当セミナーでは、政府や、大手企業、ベンチャー企業など
重要なプレーヤーの動向を中心に説明し、AI大国を目指す
中国の全体像とロードマップを明らかにする。

1.中国におけるAIの議論
2.AIブームの真実-AIエコシステムの育成と拡充
(中央・地方の促進政策レビュー、AIタウンの建設(杭州)、
人材、資金、AIの応用分野)
3.主要ICT企業(バイドゥ、アリババ、テンセントなど)の
AIへの取り組み
4.AIベンチャー・ユニコーン企業
(科大訊飛、商湯科技、昿視科技など)の動向
5.AI大国の可能性と課題
6.質疑応答/名刺交換
[画像: (リンク ») ]

【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: (リンク »)

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]