障害電話通報|ITインフラ運用におけるCloud型ロボット電話通報サービス提供開始のお知らせ

株式会社コムスクエア 2018年05月08日

From PR TIMES

ロボットによる電話通報により休日や夜間の障害通知メールのチェック作業からの解放!24×365体制の有人通報と同様の仕組みを簡単かつ安価に提供!

監視運用ソリューションを提供する株式会社コムスクエア(東京都中央区、代表取締役:上嶌 靖)の「アラートコールPRO」の提供を開始することをお知らせいたします。
(リンク »)



[画像1: (リンク ») ]



提供サービス・背景


AlertCall PRO
昨今、急速に広がっている技術革新(仮想化技術・クラウド・IoT・AI等)により、次々に新しいシステムが導入され、情報システム部門の担当者様の業務範囲や業務量が拡大している現状がございます。

一方で、労働人口減少による情報システム部門のリソース不足はますます深刻な問題となっており、政府により推進されている「働き方改革」の流れに後押しをされる形で、様々な企業で業務の効率化や自動化が進められています。

弊社では、自社開発の監視ソフトウェア「パトロールクラリス」の販売を軸に、これまで1,100社を越える企業の情報システム部門様向けに、ITインフラ運用業務の効率化をお手伝いして参りましたが、その中でも多くのご担当者様が悩みを抱える「大量の障害通知メールの確認作業」に着目しました。

情報システムご担当者様は、日々増えていく様々な機器やソフトウェア(アプリケーション)を管理していますが、それらの多くが異常を知らせる手段としてメール通知機能を有しています。そのため、大量の障害通知メールが休日や夜間を問わず送信されており、担当者は携帯電話・スマートフォンを肌身離さず持ち、休みの日でもメールのチェック作業に時間を費やしてしまっている状況が多くの企業様でみられていました。

アラートコールPROは、日々発生する大量の障害通知メールを全て自動でチェックし、その中から重要なものだけを判別し、担当者へ電話で即時通報を行うクラウド型ロボット電話通報サービスです。


[画像2: (リンク ») ]


24×36体制の電話通報を「既存の仕組みを変えず」「安価に」実現

これまで24×365体制の電話通報の仕組みを構築する場合、「運用設計や既存のシステムの変更等に手間がかかる」「外部へ委託するとコストが高くなる」という2つの大きな課題がありました。

アラートコールPROは、分かりやすい操作画面上で通報先の電話番号を登録し、通報パターンを設定していくだけで、お手元で電話通報の仕組みを構築していくことが可能です。

更に、これまでの自動電話通報サービスの弱点でもあった「決められた形式のメールでないと自動電話通報の対象にできない」という仕様を改善し、全ての機器やソフトウェア(アプリケーション)を自動電話通報の対象に組み入れることが可能になりました。また既存システムの障害通知メールの送信先にアラートコールPROの専用アドレスを追加するだけ、という究極の手軽さを実現しました。

アラートコールPROは、ロボットが通報を行うため有人対応の通報サービスと比べ、低コストでご利用可能です。またロボットの利点を活かし、異常発生から迅速かつ正確に大量の通報先へ一斉に電話をかけることも可能です。

更に、高性能日本語エンジンの採用によりメール本文に記載されているテキストを違和感のない音声で読み上げ、相手が電話に出なかった場合は次の人に電話をかけるなど、きめ細やかな設定も可能です。


[画像3: (リンク ») ]


アラートコールPROについての詳細はこちらからご確認いただけます。
(リンク »)

アラートコールPROの活用により、情報システムご担当者様のアラートメールのチェック作業をゼロにし、より生産的な業務を行えるようご提案をしてまいります。


パトロールクラリス(PATROLCLARICE(R))IT運用自動化ソリューションについて

販売開始から11年、導入実績1,100社以上。

パトロールクラリスは、国産エージェントレス監視としては実績No1のサーバ・ネットワーク・IoT統合監視ソフトウェアです。監視対象機器にエージェントと呼ばれる監視プログラムのインストールが不要な「エージェントレス型の監視方式」により、サーバ、ネットワーク機器、仮想環境、クラウド環境、IoTデバイス等を一元的にリモート監視することが可能で、きめ細やかで幅広い監視機能と、PDCAサイクルを容易に実現できる数々の運用管理機能により、システムの監視・運用の効率化・コスト削減と運用品質の向上を両立させることができます。

このパトロールクラリスを軸として、調査・復旧・報告などのIT運用に関する業務を自動化するための関連プロダクト・サービスを展開しております。

近年では、多くの企業のIT運用現場における最新ニーズに応えるべく、運用自動化ロボット(RPA)、AI連携監視などにもスピーディに対応しています。

詳しくは、下記の製品Webサイトでご確認ください。
(リンク »)
(または「パトロールクラリス」で検索)


株式会社コムスクエアについて

コムスクエアの監視運用ソリューションは、20年以上前に自社CTIソリューションの24時間365日、ノンストップでの稼働監視から始まりました。
当初、自社利用のために開発され、10年にわたるブラッシュアップを重ねて商用化されたソフトウェアが「パトロールクラリス」です。
近年では、多くの企業のIT運用現場における最新ニーズに応えるべく、クラウド・IoT環境の統合監視機能や、運用自動化ロボット(RPA)、AI連携監視などにもスピーディに対応しています。

・所在地
東京・銀座オフィス:東京都中央区銀座1−3−1銀座富士屋ビル4F
大阪・梅田オフィス:大阪府大阪市北区芝田2−7−18オーエックス梅田ビル新館6F
・お問合せ先
Mail:mktg-c@comsq.com
TEL:03-4455-1040
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コムスクエアの関連情報

株式会社コムスクエア

株式会社コムスクエアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]