【世界初】マイクロプラスチックがサンゴと褐虫藻の共生関係を阻害することを発見 -- 東京経済大学大久保奈弥准教授

東京経済大学 2018年07月11日

From Digital PR Platform




東京経済大学経済学部大久保奈弥准教授らのグループは、海洋生態系において重要な役割を担うサンゴと褐虫藻の共生関係がマイクロプラスチックにより阻害されることを、サンゴとそのモデル生物であるイソギンチャクを用いた実験により世界で初めて発見した。




 多くのサンゴにとって、褐虫藻が体の中に共生することは生き残るための必須条件である。
 マイクロプラスチックが海洋生物の相互関係(共生)を阻害するという知見はこれまでになく、世界中で危機に瀕するサンゴへの被害や、海洋で共生関係を維持するその他の生物への影響も懸念される。
 研究内容は、科学誌『Marine Pollution Bulletin』に掲載された。



※研究内容の詳細は添付のPDFからご覧いただけます。

▼本件に関する問い合わせ先
東京経済大学広報課
TEL:042-928-7724
FAX:042-328-7768


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東京経済大学の関連情報

東京経済大学

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]