IBM Watsonを活用したチャットボットQ&Aサービスに新機能追加

株式会社エクサ 2018年07月19日

From PR TIMES

~ EXA AI SmartQAバージョン1.2リリース ~

株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市 代表取締役 社長執行役員 千田 朋介、以下エクサ)は、IBM Watson日本語版(以下、Watson)を活用した、チャットボットQ&Aサービス「EXA AI SmartQAバージョン1.2」の提供を開始しました。



EXA AI SmartQAは、Q&Aデータがあれば、AIチャットボットによるQ&Aサービスを使い慣れたチャットツールで簡単に実現するサービスです。AIの学習サイクルを強力にサポートする機能を搭載しており、解答精度のレベルアップが効率的にできます。
▼ EXA AI SmartQA
  (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]



【新機能】
●学習データ検証機能
FAQ集管理に検証機能を追加しました。
検証機能では、質問に対するAIの回答と確信度を事前に確認する事ができ、回答の精度が十分でない場合に追加の学習が必要かどうか判断する事が可能となりました。

●回答者サポート機能
質問者がAIの回答に満足せずに有人回答による回答サポートを希望する「回答サポート機能」にAI回答履歴表示機能を追加しました。
この機能により、回答者は質問者の求める回答をより正確に答えられるようになります。

[画像2: (リンク ») ]


社内問合せへの対応工数の削減、業務の自動化、ナレッジの継承など活用ケースは様々です。
EXA AI SmartQAは企業の働き方改革をスマートに実現します。

▼ EXA AI SmartQA
  (リンク »)

EXA AI SmartQAは株式会社エクサの登録商標です。
エクサはソフトバンク株式会社のエコシステムパートナーとして、Watsonを中核としたAIシステムの導入支援及び構築を行っています。
IBM Watson は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporation の商標です。
その他記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標です。
プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

▼ 株式会社エクサの概要
設立:1987年10月
資本金:1,250百万円
株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を親会社に持つIT企業です。情報システムのコンサルティングから、企画・設計・開発・構築・運用・保守、アウトソーシング及びクラウドまでの各種サービスを統合的に提供しています。
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エクサの関連情報

株式会社エクサ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]