【株式会社エクサ】九州大学にオープンサイエンスを促進する研究データ管理用ストレージシステム「QRDM」を導入

株式会社エクサ

From: PR TIMES

2024-04-24 15:16



株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい、代表取締役 社長執行役員 千田 朋介、以下 エクサ)は、国立大学法人 九州大学(本社:福岡県福岡市西区元岡、総長 石橋 達朗、以下 九州大学)にオンプレミス型の研究データ管理用ストレージシステム「QRDM」を導入しました。

導入にあたっては、大容量データの保管とコストバリューを両立した日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長 山口 明夫)のStorage製品(IBM Storage FlashSystem、IBM Tape製品など)を採用し、ファイル共有システム Nextcloudを組み合わせています。九州大学では、この「QRDM」により、オープンサイエンス実現に向けた第一歩を踏み出しましたが、今後も、研究データ管理・公開ポリシーに則って高度化を進めていく計画です。
懸案事項
- 研究データの管理が教員個人に委ねられており、教員にとって負担に
- 長期保存を見据えたデータ管理の仕組み・標準化の徹底が不十分

ソリューション
- エクサ大規模データ管理ソリューション
- IBM Storage製品(IBM Storage FlashSystem / IBM TS4500 Tape Library / IBM Storage Scale / IBM Storage Protectなど)
- ファイル共有システム Nextcloud

導入後の効果
- キャンパス間のDisk-to-Disk非同期コピーにより災害復旧(DR)対策を実現
- テープ・ライブラリーによるDisk-to-Tapeバックアップで、長期データ保全とランサムウェア対策を実現
- GakuNin RDM連携で大学外からのセキュアアクセスを実現

[画像: (リンク ») ]

▼エクサのデータマネジメントソリューションについてはこちら
(リンク »)


▼事例詳細はこちら
(リンク »)
九州大学データ駆動イノベーション推進本部の概要
設立年月日:2022年4月
データ駆動イノベーション推進本部(DX推進本部)は、本学の強みであるラーニングアナリティクス、先進的教材開発、数理・データサイエンス教育研究、ライブラリーサイエンス、久山ゲノムコホートなどの先進的データ駆動の教育研究活動を足がかりに、全学的にデータ駆動型の教育・研究・医療を推進できる大学、更には、Digital Transformation(DX)によって地域と連携し、総合知により社会の変革に取り組むDX先進大学となるための体制構築を目的としています。
ホームページ: (リンク ») (リンク »)
日本アイ・ビー・エム株式会社の概要
設立年月日:1937年6月17日
資本金:1,053億円
AIをはじめ、業界別のクラウド・ソリューション、ビジネス・サービスおよび量子コンピューティングなど、オープンで柔軟なテクノロジーの活用を通じ、お客様との共創によるイノベーションを推進しています。研究・開発、ハードウェア、ソフトウェア、コンサルティングからシステム開発、保守までのサービスなど、ITに関連する製品、サービス、テクノロジーを提供しています。
ホームページ: (リンク »)
株式会社エクサの概要
設立年月日:1987年10月
資本金:12億5,000万円
株式会社エクサは、JFEスチールを母体とし、キンドリルジャパンを親会社に持つITサービス会社として、先進技術を活用したDXを推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。
ホームページ: (リンク »)
※IBMは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
※記載の社名、製品名等は、各社の商標または登録商標の場合があります。
※本記事の記載内容は掲載当時のものです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エクサの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]