編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ノーリスク新電力事業スタートアップセミナー 開催決定!仕組みを理解して、リスクゼロで新電力事業をスタート!! 

エコスタイル

From: PR TIMES

2018-07-30 14:01

再生可能エネルギーの普及を行う株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、小売電気事業者や新規参入を検討している事業者に向けて、新電力事業の最新動向を解説し新電力事業立上げから運営までをサポートするサービスを紹介する「新電力事業スタートアップセミナー」を、東京、大阪の2都市で開催いたします。



新電力プラットフォームサービスURL: (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]



【新電力事業スタートアップセミナー開催の背景】
電力小売り完全自由化から2年が過ぎ、小売電気事業者登録者数は450社を超えていますが、新電力事業の仕組みや制度理解の不足、高度なシステムを必要とする参入障壁など事業運営には様々なハードルが存在しており、新電力事業を始めた、始めようとしている事業者様の状況は次の2点にまとめることができます。

1.価格変動リスクへの対応が困難
大手企業が管理賃貸物件の入居者向けに自社ブランドの電気を売るため、2016年に電力小売り事業をスタートさせ、順調に規模を拡大させてきましたが、「電力市場価格高騰及びシステムの改修困難」を理由に、契約者に対して他の電力会社への切り替えを依頼する文書を発表しました。このように、新電力事業は価格変動リスクが高く、収益性が低い事業というのが現状です。

2.低い専門性
他社の需給管理システムを利用するバランシンググループ(BG)は、システム開発などを必要とせずに小売電気事業を行う事ができます。しかし、このBGを利用した事業立上げにあたって、高い初期費用やコンサルティング料、業務手数料など支払っているにもかかわらず、BG代表者が果たさなければならない事業者義務を履行しない、そもそも義務の存在すら知らないケースもあるなど、新規参入を希望する事業者にとっては事業リスクが高くなりつつあります。

そこで当社は、新電力事業の仕組みや制度、動向を解説するセミナーを開催いたします。本セミナーを通して新電力事業の理解を深めて頂き、さらに新電力事業収益の安定化を実現する当社の新電力サポートプログラムについてご紹介することで、新電力事業の収支改善、参入を徹底してサポート致します。

【こんな課題をお持ちの企業様へ】


顧客囲い込み商材として自社ブランドの電力供給をしたい
新規サービスで追加粗利を獲得したい
新電力を検討したが初期費用およびリスクを検討して断念した
現在の新電力事業が赤字・・・・・など



【開催概要】

[表: (リンク ») ]


【“リスク0” 新電力プラットフォーム 概略】
気象予報士の知見を活かした独自の電力需給管理システムにより、エンドユーザーの電力需要量に合わせた無駄のない調達を行う仕組みを確立しました。
BGメンバーは初期費用なしでこのシステムを活用した需給調整・調達代行を利用することができます。さらにエコスタイルから固定価格で電気を調達するため市場変動リスクを負いません。
つまり、このエコスタイルのバランシンググループを活用することで、既存顧客ネットワークを活用して新たな事業として新電力事業を“リスク0”で行うことができます。
[画像2: (リンク ») ]

【セミナー講師】

[画像3: (リンク ») ]

講師:中島 健吾
(株式会社エコスタイル 取締役兼電力事業部長)

略歴:島根県益田市出身。横浜市立大学商学部卒。
外資系証券会社で株式の法人営業を経験後、信託銀行にて日本株のファンドマネージャーとヘッジファンド投資を担当。その後独立を目指し、大手商社グループでヘッジファンドのファンドマネージャーとなったが、同グループのファンドビジネス撤退を機に廃業。電力業界に転身して、電力の需給調整や卸売取引、デマンドレスポンス等の業務に携わったのち、エコスタイル取締役に就任し現在に至る。

コメント:2016年4月の小売電気事業完全自由化に伴い、小売電気事業者が現在まで400社以上登録されていますが、価格変動リスクが高く、収益性が低い事業というのが実情です。
当社の高度な予測技術、独自の取引技術を活かした当サービスを活用して、地域の活性化にお役立て頂きたいと思います。

【会社概要】
■株式会社エコスタイル
所在地 東京本社:東京都千代田区丸の内1丁目4番1号丸の内永楽ビルディング20階
大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号ミフネ道修町ビル3階
設立 2004 年10 月5 日
資本金 605百万円
代表者 代表取締役社長 木下 公貴
事業内容 産業用太陽光発電システム販売・施工・メンテナンス
家庭用太陽光発電システム販売・施工・メンテナンス
電力小売事業、再生可能エネルギー発電事業
再生可能エネルギーファンド組成募集事業、損害保険代理業務
実績 7,528件(2018年7月1日現在、太陽光発電施工実績)
URL (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]