編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セゾン情報システムズとニュートン・コンサルティング、 GDPR対応を含むサイバーセキュリティソリューション事業で協業

~コラボレーションパートナーとして 顧客のセキュリティ対策を促進~

株式会社セゾン情報システムズ

2018-07-30 12:00

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下、セゾン情報システムズ)と、経営視点でリスクマネジメントコンサルティングを行うニュートン・コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 副島 一也、以下、ニュートン・コンサルティング)は、HULFTコラボレーションパートナー契約を締結いたしました。
今後、セゾン情報システムズとニュートン・コンサルティングは、ファイル連携ミドルウェア「HULFT」ユーザーを主な対象として、GDPR(EU一般データ保護規則)対応を含むサイバーセキュリティソリューション事業を共同で推進してまいります。

1.協業の背景と概要
2018年5月25日にGDPR(EU一般データ保護規則)が施行されましたが、国内における対応状況は未だ万全とは言えません。ニュートン・コンサルティングが実施した調査によると、多くの組織は対応が必要かどうかの判断がつかない状態にあり、また必要性を認識して対応している組織も3割未満という結果が出ています。

一方で、GDPRの施行を受けて、他地域でも個人情報保護への対応は加速することが予測されており、国内企業においては迅速に対応を進めていくことが望まれます。さらに、複雑化・巧妙化するサイバー攻撃への対策など、組織の抱えるシステムセキュリティの課題についてもより一層の対応が求められています。

そこで、経営視点のリスクマネジメントコンサルティングの分野で実績のあるニュートン・コンサルティングと、データ連携技術を用いた安全安心確実なIT基盤の提供で実績※のあるセゾン情報システムズが協業し、経営視点でのリスクマネジメントからITシステム実現まで、組織/企業に求められるGDPR対応を含むサイバーセキュリティソリューションを提供することになりました。
※14年連続国内シェアNO.1、全国銀行協会の会員企業導入率100%、日本自動車工業会の会員企業導入率100% など

2.GDPR対応を含むサイバーセキュリティソリューションサービス
両社の協業においては、ニュートン・コンサルティングがコンサルティングサービスの提供を、セゾン情報システムズがIT基盤製品およびユースケースの提供を行います。

GDPR対応としては、組織/企業に求められるGDPR対応施策を効率的・効果的に実現するワンストップサービスを提供します。対応状況の把握、ギャップ分析、対応方針の策定から、ITシステムとしての実現まで、一貫したサポートを実現できます。

また、サイバーセキュリティ対策として、システム対応のみならず、経営層の意識醸成、サイバー人材の育成、技術的対策や運用ルール面の評価、被害発生の演習から検証まで、経営視点でのコンサルティングから安全安心に利用できるIT基盤の実現までを支援してまいります。

今後、両社の強みを組み合わせることで、より高度な安全安心を提供するセキュリティソリューションの実現に取り組みます。


■ ニュートン・コンサルティング株式会社について
(リンク »)
2006年11月、英NewtonITの日本法人として設立。リスクマネジメントに特化したコンサルティングファームとして豊富な実績を有する。特に全社的リスクマネジメント(ERM)、事業継続(BCP/BCM)、サイバーセキュリティの分野に注力。
【サポート実績】
内閣府、内閣サイバーセキュリティセンター、経済産業省、(社)全国銀行協会、Global Forex Trading、東京ガス(株)、積水化学工業(株)、豊田通商(株)、三菱商事(株)、ヤフー(株) 他多数

社名  ニュートン・コンサルティング株式会社
所在地  東京都千代田区麹町1-7
設立  2006年11月13日
資本金  30,000,000円(2017年12月末現在)
代表者  代表取締役社長 副島 一也
事業内容  リスクマネジメントに関わるコンサルティング

■ HULFTについて
(製品詳細URL: (リンク ») )
「HULFT」は1993年の発売以来、対応プラットフォームを拡張しながら業務システムのファイル連携に必要な機能を実装し続け、業種・業界を問わず、全世界で43ヵ国、9,200社、196,900本(2018年5月末現在)のお客様にご利用いただいているファイル連携ミドルウェアです。サーバーやプラットフォーム、コード体系などが異なる様々なファイルを、業界標準のTCP/IPプロトコルを使って安全、確実に送り届けます。

■ 株式会社セゾン情報システムズについて
本社:〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 19F
設立:1970年9月1日
代表者:内田 和弘(代表取締役社長)
資本金:13億67百万円
事業内容:Fintechプラットフォーム事業、流通ITサービス事業、HULFT事業
証券コード:9640 (東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)
URL: (リンク »)

[報道関係お問い合わせ先]
ニュートン・コンサルティング株式会社
担当: 吉田
TEL:  03-3239-9209
Email: info@newton-consulting.co.jp

株式会社セゾン情報システムズ
担当:広報担当:豊田・横井
TEL:03-6370-2930
Email:kikaku@saison.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セゾン情報システムズの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]