編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

「RPAリスク管理ツール」を提供開始

ロボットの不正操作や異常処理などのリスクを回避

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2018-09-06 11:00

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、企業で導入が進みつつあるRPA(Robotic Process Automation)※1を対象として、それに関わるリスク管理を支援する「RPAリスク管理ツール」(以下「本ツール」)を本日より提供します。
RPAは、業務品質の向上やスピードアップと、人的負荷の低減のための有効な手段として、普及が進みつつあります。一方で、ウィルス等によるロボットの不正操作や設定ミスによる異常処理、あるいは従業員による不正利用など、RPAに関わる各種のリスクが新たに問題となってきています。さらに、RPAでは大量のデータが高速かつ自動的に処理されるため、誤った処理や情報流出が発生した場合に生じる被害が、人手による場合と比べて、甚大になることが予想されます。
このような事態を避けるためには、発生の可能性があるリスクをあらかじめ想定し、RPAの導入や維持管理にあたって必要となるルールの策定など、事前の対策を実施しておくことが、有効な管理手段となります。


NRIセキュアでは、これまでRPAの分野において培ってきたセキュリティ対策ノウハウを、「RPAリスク管理ツール」として体系化しました。本ツールは、コンサルティングサービスの一環として提供しますが、その内容としては、RPAリスクの解説資料やRPAの社内管理ルールの雛型、ロボット管理台帳やロボットごとのリスクチェックシートなどの書式集のほか、本ツールの利用マニュアルから構成されています。これらを活用することで、本ツールの導入企業は、RPAのリスク管理に必要な社内の規程類や管理体制を容易に整備できます。


また本ツールは、キューアンドエーワークス株式会社が提供する、RPA導入支援サービス「RoboRoid®(ロボロイド)」※2に組み込んで、リスク管理機能を果たす新サービスとして、提供される予定です。

用語解説

※1 RPA(Robotic Process Automation):
コンピューター内で稼働するソフトウェア(ロボット)が、人間に代わってPCのデスクトップ上で操作を自動的に行うことにより、主にホワイトカラー業務の効率化を図る取り組みを指す。


※2  RoboRoid®(ロボロイド):
詳細は、次のサービス紹介サイトをご参照ください。     (リンク »)
「RoboRoid®」はキューアンドエーワークス株式会社の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]